2016年09月07日

いったい何様のつもりなんでしょう?>鹿児島県知事九州電力に原発停止を強要?!http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160907-00000021-mai-soci

Yahoo:「<川内原発>即時一時停止を再要請 鹿児島知事が九電に

鹿児島県の三反園訓(みたぞの・さとし)知事が7日、福岡市の九州電力を訪れ、瓜生(うりう)道明社長に川内(せんだい)原発(鹿児島県薩摩川内市)の即時一時停止・再点検を再度要請した。三反園知事が8月26日、「熊本地震で県民の不安が高まった」として即時停止を求めたが、瓜生社長が今月5日、応じない意向を示したことを受けた措置。

 三反園知事は「直ちに停止して再点検・再検証するよう再度強く要請する」と書かれた文書を手渡し、「知事として県民住民の安全を守らなければならない。できるだけ早く停止し、検証してほしい」と述べた。これに対し、瓜生社長は「原子力に対する不安のさらなる軽減に向け検討する」と述べた。県議会が14日から始まるため、九電側は13日までに回答する見通し。ただ、即時停止については、再び拒否する方針を固めている。

 九電側は今月5日の回答書で、要援護者避難のために福祉車両十数台を追加配備する方針を示していた。三反園知事が7日、手渡した文書にはこの点についても言及があり、「自然災害発生時に避難できるか」「避難車両のUターン場所がない」など、住民から不安の声が多数寄せられているとしたうえで「これらをさらに真摯(しんし)に受け止めていただきたい」とし、避難支援策の一層の充実も求めた。

 三反園知事は7月の知事選で川内原発の一時停止と再点検を公約に掲げ初当選した。

 川内原発は現在、1、2号機がいずれも稼働中。九電が原子力規制委員会に提出した計画によると、1号機は10月6日から発電を停止して定期検査を実施し、12月8日にも原子炉を起動して運転を再開する。2号機は12月16日に定期検査に入り、来年2月27日に発電を再開する予定。


公約だろうと何だろうと、国の定めた基準に合格し、それに基づいて動いているものを
いくら地元の知事だからと言って、何の法的根拠もなく止めることを強要するのは横暴というものです
場合によっては威力妨害と言うことにもなるのでは?まさしく反社会性力の行うことですね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160907-00000021-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック