2016年08月24日

まずは霞ヶ関が労基法を厳守することから始めないとね!当然労基署も厳守ですよね?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160824-00000055-san-bus_all

Yahoo:「働き方改革へ組織改編 厚労省「雇用環境局」新設 「子ども家庭局」も

厚生労働省は23日、安倍晋三首相が第3次再改造内閣での「最大のチャレンジ」と位置付ける「働き方改革」に対応するため、関係部局の大幅な組織改編に着手する方針を決めた。働き方改革に特化した「雇用環境・均等局」の新設が柱。平成29年度の機構・定員要求に、保健医療政策の司令塔となる事務次官級の医系技官ポスト「医務総監」の創設とともに盛り込む方向だ。

 組織改編案では、労働条件を担当する労働基準局▽雇用対策を推進する職業安定局▽働く人のスキルアップを支援する職業能力開発局▽子育てや女性問題を担う雇用均等・児童家庭局−の4局の所掌を組み直し、雇用環境・均等局など新たに3局を設置して5局に再編する。局が1つ増えることになるため、働き方改革と関係のない局の廃止も検討している。

 雇用環境・均等局は、働き方改革を強力に推進するため、(1)同一労働同一賃金の実現など非正規労働者の処遇改善(2)女性活躍や均等処遇の推進(3)長時間労働削減などワークライフバランスの実現(4)短時間・在宅労働の雇用環境改善−を主な業務とし、現在の労働基準局や職業安定局などから担当課を移行させる。

 また、生産性向上を推進する「人材開発局」も新設する。(1)若者の就労支援(2)人材育成(3)福利厚生−の3本柱に沿って、職業能力開発局を事実上衣替えする。企業の人材部門に対する支援体制を強化する狙いがある。

 さらに、雇用均等・児童家庭局の子育て部門を分離し、「子ども家庭局」を創設する。子育てに関し、保育士ら人材と児童相談所など施設の一体的整備を図るほか、切れ目のない子育てと仕事の両立支援、虐待防止対策などを進めていく考えだ。


何が何でも労働基準法の厳守を徹底すべきではないですか?
その前段階として特殊な立場の公務員を除いて、8時間労働を徹底するようにしたら良いと思います
また不足する工数は増員することでまかないましょう。残業をするよりその経費を新しく人を雇う方に回せば、失業対策になっていくはずです

そして一般人も、公務員批判をするのではなく、自分の勤め先も労基法を厳守するように働きかけていくべきじゃないですか?公務員をねたむのではなく間抜けな経営者を恨むべきでしょうよ

長時間労働が当たり前という風潮を潰していきましょう!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160824-00000055-san-bus_all


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック