2016年08月22日

9条で平和だったというのは、間違いhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160821-00000013-asahi-soci

Yahoo:「むのたけじさん死去 101歳のジャーナリスト

「戦争絶滅」を訴え続けたジャーナリストむのたけじ(本名・武野武治)さんが21日、老衰のため、さいたま市の次男宅で死去した。101歳だった。葬儀は近親者のみで行い、後日、「しのぶ会」を開く。

【写真】むのたけじさん=2015年10月11日

 朝日新聞記者時代に終戦を迎え、「負け戦を勝ち戦のように報じて国民を裏切ったけじめをつける」と終戦の日に退社した。ふるさとの秋田県に戻り、横手市で週刊新聞「たいまつ」を創刊。1978年に780号で休刊してからは、著作や講演活動を通じて平和への信念を貫き通した。

 100歳になった昨年は戦後70年で「歴史の引き継ぎのタイムリミット」といい、講演で各地を飛び回った。今年5月3日に東京都江東区の東京臨海広域防災公園で行われた「憲法集会」でのスピーチで「日本国憲法があったおかげで戦後71年間、日本人は1人も戦死せず、相手も戦死させなかった」と語ったのが、公の場での最後の訴えとなった。

 2002年に胃がんの手術をし、06年に肺がんで放射線治療を受けたが、ほぼ完治。90歳を過ぎても自転車に乗り、「80歳より90歳のほうがいい仕事ができるようになった」と話した。

 「戦争いらぬやれぬ世へ」(評論社)や「99歳一日一言」(岩波新書)、「日本で100年、生きてきて」(朝日新書)などを著し、「週刊金曜日」では故野坂昭如さんのあとのコラムを担当していた。


戦争は誰だっていやですがな
でも攻めてくる国がある以上、守る力がなければどうにもならんのです
その辺何も考えていないんだなぁ、どうしようもないなぁってあほらしく思います
抵抗する力のないいじめられっ子を見れば、わかりそうなものですがね・・・
そして誰かが守ってくれるなら、それが集団的自衛権
結局誰かが強い力を持っていなければどうしようもないわけですが

平和だー平和だーとお題目を唱えていても、どうにもならないのが現実ではないでしょうか?
現実を見ないままというのは困りますね!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160821-00000013-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:27| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック