2016年08月18日

運送業って自由競争(新自由主義)の犠牲者かもしんないhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160817-00010000-biz_shoko-bus_all

Yahoo:「平成20年に首都高でローリー横転事故を起こした多胡運輸(株)が破産

多胡運輸(株)(TSR企業コード:270271104、法人番号:4070001009600、高崎市箕郷町上芝541−2、設立平成4年11月、資本金1200万円、多胡茂美社長)は8月4日、前橋地裁高崎支部より破産開始決定を受けた。破産管財人には都木幹仁弁護士(ぐんま法律事務所、同市昭和町224−1、電話027−326−6001)が選任された。なお、多胡茂美社長は逝去しており、上野法律事務所の上野猛弁護士が仮代表に就任している。
 負債総額は約33億円。
 昭和50年、運送業務を目的に創業。一般貨物輸送のほか石油燃料の輸送などを手掛けて業容を拡大し、タンクローリー6台を含む46台のトラックを所有し約2億円の年間売上高をあげていた。
 平成20年8月、東京都板橋区の首都高速5号線熊野町ジャンクションで、当社のタンクローリーが横転し炎上する大事故が発生。この影響で高速道路高架部分の架け替え工事、近隣マンションの外壁被害などで多額の損害賠償補償の問題を抱えていた。事故に伴い、本社営業所の車両使用停止、運行管理者資格者証の返納命令などの行政処分を受けながら、以後も事業を継続していた。しかし事故の影響で業績不振を招き、23年12月には本社不動産を売却するなど経営悪化が露呈し、24年度に事業を停止していた。
 この間、首都高速道路が復旧費用など損害賠償を求め、トラック業界では過去に例のない高額補償事案として係争していたが28年7月、東京地裁で敗訴。判決により当社および運転手に対し約32億8900万円の支払命令が下されていたが、高額な損害賠償の支払いができず事後処理を弁護士へ一任し、今回の措置となった。


運送業なんて最低の賃金で、最大の成果を要求される最もひどいブラックな産業だと思うんですよ
だから保険にも入れず、会社をつぶさざるを得ないところにまで言ってしまったんじゃないですか?

雇い主たる企業とか、いろんなところがあるとは思いますけど、正当な報酬をきちんと払えていたのかな?
競争競争で、でも車両とか燃料とかは安いものじゃないから運転手にみんなしわ寄せがいって、
しかも時間通りにものを届けることだけは要求されて一晩中走ったりして、いろいろな事故を起こすことになっていると思うんですよね
でも、そういうところが改善へ向かってるとは聞かないのが非常に残念

宅配便なんかでも、次の日に届けることが当たり前になっているのに、料金が下がっているとか異常現象があるのですから、そこを改めてほしい

そういうわけで、
労働基準局にはきちんと取り締まってほしいです
長時間労働とかその辺をきちんと取り締まっていかないと労働環境の改善は無理でしょう
労基法の厳守、三六協定とかも駄目にしましょう

まずは働く人の環境を整えること
どんな立場であっても、正当な報酬を支払うこと
この辺大事だと思います


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160817-00010000-biz_shoko-bus_all


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック