2016年07月04日

国防の一環として移民難民の受け入れは減速すべきでは無いと思うhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160704-00000040-mai-pol

Yahoo:「<参院選>難民政策、聞こえない 昨年、申請が過去最多

◇支援者から「積極的に議論してほしい」

 日本で難民認定を申請する外国人が増えている。昨年は前年の1.5倍の7586人に上り、過去最多となった。一方で認定のハードルは高く、国が難民と認めたのは27人にとどまる。この参院選でも難民政策への訴えは聞こえてこない。支援者からは「認定制度のあり方なども積極的に議論してほしい」との声が上がる。

 「難民と認められるのがこれほど難しいとは」。アフガニスタン出身のイーダク・モハド・レザさん(34)=京都市上京区=は顔を曇らせる。反政府武装勢力タリバンから迫害を受け、2011年に来日した。難民認定を申請したが認められず、裁判で争っている。

 旧ソ連のアフガン侵攻(1979年)の影響で、両親が避難していたイランで生まれた。旧ソ連が撤退し、祖国に戻れたのは10歳の時。07年からアフガン西部のヘラート市で、孤児を支援する日本のNGOスタッフとして働き始めた。

 ところが11年、突然自宅を襲ったタリバンの構成員4人に自動小銃の銃身で何度も殴られた。イスラム教徒ではない外国人の下で働く者はイスラム教を捨てたと見なす−−。そんな理不尽な理由だった。宗教裁判の呼び出し状も届き、命の危険を感じて2カ月後に単身日本へ逃げた。

 だが、難民とは認められず、15年1月、不認定の取り消しを求めて大阪地裁に提訴した。訴訟では「国からの迫害とは言えず、難民に該当しない」と主張する国に対し、「タリバンはアフガン全土で活動している。国による迫害を受けたも同然だ」と反論している。

 イーダクさんは「日本では誰も私を差別しない。自由に宗教や考え方を選べる素晴らしい国だ」と話し、将来は日本で働く夢を持っている。世界では同じ境遇の人がたくさんいるが、選挙戦を通して難民問題が語られることはほとんどない。

 今は留学ビザを取得し、同志社大生として滞在している。だが、不認定が確定すれば国外退去を命じられる可能性がある。「アフガンに戻れば拘束されるかもしれない。毎日心配だ」と訴えている。【津久井達】

 ◇認定率は0.4% G7で最下位

 日本の昨年の難民認定率は約0.4%で、狭き門だ。認定数は主要7カ国(G7)で最下位。6番目のイタリアは3573人を受け入れており、27人の日本とは大きな差がある。

 国連難民高等弁務官事務所によると、世界の難民数は2130万人。内戦が続くシリア人がトップで490万人。アフガン人270万人、ソマリア人110万人と続く。日本で難民認定を申請する人のほとんどは中央・東南アジア出身者だ。

 安倍晋三首相は1月の施政方針演説で「欧米には大量の難民が流入している。その解決に向け、大きな責任を果たす」と表明。5年間で最大150人のシリア人留学生を受け入れる考えを示した。ただ、入国管理当局は難民認定申請の増加を「就労目的による偽装難民が増えたため」と分析。大半を不認定としており、政府内で温度差が生じている。

 イーダクさんを支援する「在日難民との共生ネットワーク」(大阪府高槻市)の田中恵子共同代表は「参院選は難民問題のように国の大きな課題を見つめ直す、よい機会。日本では難民と認めるかどうかを入管が判断しており、排除の論理が働いている。審査に特化した独立機関を設けるべきだ」と指摘する。


安易に外国人を入れることは危険きわまりないですよね

国民生活の安心安全を考えたら入れないに越したことはないのです

世界各地から受け入れを求める声がありますけど、欧州での出来事を見れば言うまでも無いでしょう
かわいそうだとかそんなことで、受け入れるのは阿呆だということです

排除だとか不寛容とか言いますけど、でもまず国民生活を守るのが国の責務なのですから
今国が受け入れないのは正解
ただし、保留中の外人が街へ出て生活を営み拠点を作っちゃっているのはおかしい
こういうことをしたらダメ。檻の中とは言いませんけど、町中に出すのはダメです
国民と申請保留の連中が国内で接点を持つのはダメだ
これを改善すべきですよ

ただでさせ支那人朝鮮人が野放しになって危険な状態なのに
これ以上増えたら困りますがな


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160704-00000040-mai-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック