2016年06月01日

どんな弁解をしても、もう詰んでいますよね>ますぞえhttp://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160601-00000391-fnn-soci

Yahoo:「舛添都知事、都議会で所信表明 「脱スイートルーム」を宣言

公私混同疑惑の渦中にある舛添都知事は1日、東京都議会で、所信表明に臨んだ。第3者による、一刻も早い調査。この一方で、都議会での追及は、どこまで疑惑の核心に迫るものとなるのか。
1日に開会する東京都議会。
都庁には、朝から傍聴券を求める人が詰め掛ける、異例の事態に。
傍聴希望者は、「今は何としても、並んででも、知事の所信表明を聞いてみたい」、「1,300万人の都民がいるんですから、まじめに仕事してほしい。公私混同は許されません」などと話した。
舛添知事は、果たして、所信表明で何を語るのか。
年配の方から若い女性のグループまで、大行列。
先着順で190人が手にすることができる傍聴券は、正午の配布開始とともに、完売状態。
その多くは、舛添知事の一連の対応に怒りと不安感を募らせ、初めて傍聴に訪れた人たちだった。
傍聴希望者は、「(傍聴には?)初めて来た。あれだけ問題だったでしょ」、「初めてです」、「(今まで傍聴は?)ないです」、「初めてです。都庁に来るの自体が初めて」などと話した。
午後0時40分すぎ、舛添都知事の姿が見えたが、笑顔はなく、非常に硬い表情で、大きく手を振って歩いていた。
午後1時に始まった都議会の本会議。
所信表明に立った舛添知事は、その冒頭で、一連の問題について触れ、「この度、海外出張経費、公用車利用、そして政治資金などの問題につきまして、都民の皆さま、都議会の皆さまに多大なるご迷惑をおかけしておりますことを、心から深くおわび申し上げたいと思います」、「今回、都民の皆さまから多くのご批判をいただきましたことは、全て私の不徳の致すところであります。ご批判の内容を真摯(しんし)に受け止め、改めてまいります。海外出張につきましては、航空機のファーストクラス、宿泊施設のいわゆる『スイートルーム』は使用しないこととし、全体の経費について、厳しく見直しを行って参ります。随行職員も、役割をしっかりと見極め、最小限の体制といたします。公用車の利用につきましては、厳格な運用を徹底して、都民の皆さまの疑惑を招くことのないようにして参ります。また、ご指摘をいただいています、主に知事就任前の政治資金の使途に関わる問題につきましては、現在、政治資金規正法に精通した元検事の弁護士により、支出内容を厳しく調査していただいております。この結果は、本会議の審議に間に合うよう公表し、ご説明申し上げたいと思います。ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。今回、お寄せいただいたご批判は、しっかりと心に刻んで参ります。心から深く反省し、まずは早急に十分な説明を申し上げられるように努めて参ります。この度は、大変申し訳ございませんでした」と語った。
批判を受け止め、「脱ファーストクラス」、「脱スイートルーム」を宣言した舛添知事。
2分3秒間にわたり、自らが招いた一連の問題について振り返り、謝罪。
現在行っている弁護士による調査結果は、議会の審議に間に合うよう公表する考えを示した。
その後は、自身の問題については、一切触れなかった。
舛添知事に、容赦なく浴びせられるヤジ。
そして、30分近くにわたる所信表明が終わるころ、舛添知事は「最後に、あらためまして、私のこの度の問題につきまして、深くおわびを申し上げます」と述べると、「許さないよ都民は!」とのヤジが飛んだ。
そして、舛添知事は、「共に都政を担う都議会の皆さまとの信頼を損なうこととなりましたことは、誠にざんきの念に堪えません。真摯に反省し、問題にしっかりと対応して参ります。信頼の回復は、一朝一夕にできるものではないことは、十分承知しておりますが、
一歩一歩、地道に都政の発展に努力し、都民の皆さまにお応えしていきたいと思います。多大なるご迷惑をおかけしましたことを、重ねて、心からおわびを申し上げます。この度は、誠に申し訳ございませんでした」と述べた。
最後に、あらためて謝罪し、所信表明を終えた舛添知事。
「百条委員会設置しろ!」、「やめろやめろ!」などのヤジが飛んだ。
舛添知事は、「(一言よろしいでしょうか?)所信でしっかり述べさせていただいたので、これ以上話すことはありません」と語った。
舛添知事は、「所信で答えたので」ということで、記者からの質問には全く答えず、足早に去っていった。
傍聴した都民は、「納得しないでしょうね。冒頭3分間、ちょろちょろ言っただけだと、事の真意もわからない」、「いいえ、満足なんてしません。こういう形で逃げられるのは心外」などと語った。
都議会の会期は、1日から15日間。
7日からは、代表質問や一般質問が行われ、各会派が、一連の問題について舛添知事を追及する方針。
共産党の大山 とも子幹事長は「百条委員会を設置させて、きちんと事実を自らの口で語る」と述べた。
また、公明党の長橋桂一幹事長は「本会議の代表質問一般質問で、明らかにならなければ、引き続き、追及はしていかなければならない」と述べた。
都議会が、どこまで追及することができるのか、注目される。


何を言ったところで
政治かとしてと言うよりも、人間としてやってはいけないことをいくつもいくつもやったのですから
都知事の座を素直に明け渡すべきでしょう
そして政治家からはきっぱりと足を洗うべきですね

でも、それでもこういう輩を拾う奴が居るから世の中侮れません
こういうクズがまかり通らない世の中にしていきたいものです


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160601-00000391-fnn-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:桝添要一 都知事
posted by ! at 20:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック