2016年04月29日

朝鮮人らしく子供を強姦していたことを明記しておくべきだ>大阪女児焼死問題http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160428-00000533-san-soci

Yahoo:「東住吉女児焼死再審 朴さん「私は無実」…再審公判始まる 大阪地裁

大阪市東住吉区で平成7年、小学6年の女児=当時(11)=が焼死した火災で、殺人などの罪で母親の青木恵子さん(52)とともに無期懲役刑が確定していた元内縁の夫、朴(ぼく)龍晧(たつひろ)さん(50)の再審初公判が28日、大阪地裁(西野吾一裁判長)で開かれた。朴さんは「放火殺人はしていません。まったく身に覚えがなく、僕は無実です」と意見を述べた。即日結審し、8月上旬の判決で無罪を言い渡される見通し。青木さんの再審初公判は5月2日に開かれる。

 冒頭陳述で検察側は「すべての証拠を検討した結果、有罪主張を行わないことにした。裁判所にはしかるべく判断されるよう求める」とした。

 弁護側は朴さんや青木さんの捜査段階の自白について「数々の違法な取り調べで作成された」と改めて批判。確定判決で有罪認定の最大の根拠となった自白にかかる証拠をすべて排除するよう求めた。法廷では再審開始の決め手となった弁護側の火災の再現実験映像なども再生された。

 午後には被告人質問や論告求刑、朴さんの最終意見陳述が行われる。

 確定判決は「車庫でガソリン約7・3リットルをまき、ライターで火をつけた」とする朴さんの捜査段階の自白をもとに、2人を有罪とした。

 青木さん、朴さんは21年にそれぞれ大阪地裁に再審を請求。地裁は24年3月、弁護団が行った火災の実験結果を踏まえ「自白の放火方法には不自然な部分がある」として2人の再審開始を決定した。検察側は即時抗告したが、昨年10月の大阪高裁決定も車からガソリンが漏れ、風呂釜の種火に引火した自然発火の具体的可能性があると言及、再審開始が確定した。

 大阪地検は当初、再審公判でも有罪主張を維持する方針を示していたが、放火を裏付ける新たな証拠がなく自然発火の可能性を完全には否定できないと判断。3月の公判前協議で有罪主張を断念すると表明した。

 戦後に発生し、死刑か無期懲役が確定した事件で再審が開かれたのは「東京電力女性社員殺害事件」に続き9件目。過去8件はすべて再審無罪の判決が出ている。

 ■大阪市東住吉区の女児焼死火災 平成7年7月22日夕、東住吉区の木造2階建て民家から出火。入浴中だった小学6年、青木めぐみさん=当時(11)=が死亡した。大阪府警は1500万円の死亡保険金目当てに自宅に放火し、長女のめぐみさんを焼死させたとして同年9月、殺人容疑などで母親の青木恵子さんと内縁の夫だった朴龍晧さんを逮捕。2人はいったん自白したが公判では無罪を主張した。18年に無期懲役刑が確定。24年3月に大阪地裁が2人の再審開始を決定し、大阪高裁も昨年10月に再審開始を認めた。


殺人のほうはどうにもならんようですが
子供に性的虐待をしていたことは事実なんでしょ?
なんで裁判で出てこないのでしょう
体内から体液が検出されているそうですが、問題になっていないことが不思議でなりません

くわえて子供たちには保険をかけていたようで保険金殺人の疑いもなくはないそうですし
どうにもならないのかなぁ
もしかして朝鮮人って治外法権?

無罪放免で強姦魔を世に放つか・・・司法の歪みにもあきれたものだ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160428-00000533-san-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:41| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
治外法権と言う言葉いいですね。
今までは在日特権でしたが、
多分っていうかしばき隊リンチ事件を見ても
思いますね。
Posted by kkagayaki at 2016年05月16日 08:07
主に朝鮮人に、そういう身勝手を許さないように
法を遵守させるという当たり前のことを徹底して欲しいですね
Posted by !@管理人 at 2016年05月16日 19:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック