2016年04月27日

結局島国だから海上からの支援が有効なのかもしれませんねhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160420-00000501-san-soci

Yahoo:「熊本地震 海自最大艦「いずも」、初の災害派遣任務 陸自輸送で北海道・小樽出港

海上自衛隊最大の艦艇であるヘリコプター搭載護衛艦「いずも」(1万9500トン)が、熊本地震の被災地支援にあたる陸上自衛隊輸送のため19日夕、北海道・小樽港から熊本に向けて出発した。

 「いずも」は空母のように艦首から艦尾まで続く「全通甲板」が特徴。全長は同じ全通甲板の護衛艦「ひゅうが」の1・25倍(248メートル)と海自最大で、昨年3月に就役した。熊本地震の被害拡大を受け、北海道から九州に派遣される陸自のトラックの積み込みなどにかかる時間短縮のため、母港である横須賀基地から初の北海道入り。災害救援の任務に初めてあたることになった。

 北海道からは約4100人が熊本地震救援のために派遣されることになっており、民間フェリーや航空自衛隊、米軍輸送機などで移動。「いずも」には北部方面隊の約160人とトラックなど40両が乗船した。

 今回の輸送責任者となる第1護衛隊司令の中筋篤・1等海佐は、「いずもの装備・能力の全力を発揮したい」と語った。

 現地で給水や給食、多目的支援を行う第1高射特科団の船盛博実・1等陸佐は「23日夕方までに着かなければならないが、いずものおかげで迅速に到着できる。東日本大震災で災害支援を行ってきたが、重要なのは消防、自治体など関係機関との連携だ。現地のニーズを把握して支援にあたりたい」と抱負を述べた。いずもには手術室やICU(集中治療室)、歯科治療室、ベッドも35床と病院並みに完備されている。


ほとんどが海に面しているので、災害に遭ったときの救助方法として
この様に巨大艦が接岸して、そこを起点に救助活動というのも一つの考え方としてありなんでしょうね
加えて原子力空母があれば、電力の緊急の供給も可能になるかもしれませんよね
小型の原子炉を詰んでいるわけですし、そこから被災地へケーブルを引っ張ればできなくは無いのではないかと(極めて限定的な使い方でしかないですけどね)

ヘリが離発着できて、内部に病院機能もあるとかすごすぎです
いくつか用意して非常時に備えておくと良いと思います
ケチな市民によって役所の建て替えが出来ず、崩壊して指令機能が果たせない場合も、自衛艦を基地にして行政機能を一時的に持たせるなんて・・・無理ですかねぇ


ただし、これから先
少子化が進んで自衛官のなり手が減っていくことが心配されます
個人の自由とか権利とか言っていられない事態です
安倍総理も女性活躍で働きに出ようではなく、産める世代には産むように、というか産める環境を作ることを急ぐべきではないでしょうか?
男女ともに働くのではなく、その性の持つ役割、生き物としてなすべき事をまず果たすように環境を整えて欲しいものですね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160420-00000501-san-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック