2016年04月14日

結果平等を求めるなら、社会主義圏へ行くしか無いのでは?格差社会http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160414-00000007-mai-soci

Yahoo:「<ユニセフ調査>日本の「子供いる世帯」 所得格差が深刻

◇41カ国中ワースト8位 貧困世帯所得、中間層の4割

 子供のいる世帯の所得格差は、日本が41カ国中8番目に大きいことが14日公表される国連児童基金(ユニセフ)の報告書で分かった。最も所得の低い層の所得は中程度の所得層の4割で、一般的な子育て世帯の所得の半分にも満たない。この報告書に独自の推計を加えた研究者の分析では、1985年から2012年で格差が11ポイント拡大している。

 ユニセフが経済協力開発機構(OECD)や欧州連合(EU)に加盟する41カ国のデータを分析。子供(0〜17歳)のいる世帯について、所得が下から10%の層と中央値の差を比較した。所得のデータは主に13年。日本は下位10%の所得が中位の39.8%にとどまった。格差が最も小さいのはノルウェー(63.0%)だった。

 貧困に関し、全体の中で貧困層がどの程度いるかを示す「相対的貧困率」がよく用いられているが、ユニセフの報告書は、標準的な世帯との差をみることで、貧困の深刻さを調べている。

 報告書の日本版では、首都大学東京の阿部彩教授が85年以降の格差の変化を推計している。85年は下位10%の所得は約90万円で中位の約177万円の50.9%だったが、12年は約84万円、同約40%に下がった。

 阿部氏によるとこうした数値の公表は国内では初めてで、「貧困の度合いが深刻な場合は、より手厚い支援が必要となる」と指摘している。

 報告書では子供の学力格差の指標も示し、日本はOECD加盟など37カ国中27位だった。詳細な分析をした読解力では、学校教育3.3年分の差があるとされた。【堀井恵里子】


最低ラインの人へ支援をするとして
社会全体を同じレベルに揃えるという結果平等を求めるのは違うでしょって思いますね
それなら社会主義圏へ行かなければ駄目だと思います
資本主義として考えれば、差が出てくるのはやむ得ないだろうって思います


とはいえ日本はもっとも成功した社会主義国ともいわれるくらい手厚い保護政策があった方の国
でも、新自由主義とか緊縮とかそういう考え方が蔓延して日本が軌道を外れてきているのは間違いないと思います。それが良いか悪いかと言えば、自分は悪いとは思いますけどね

それでも、みんな同じ結果を得られるべきというのにはおかしいなと思います
それぞれ努力した結果だもの甘んじて受け入れるしかないでしょう

というか1960年代70年代くらいは格差っていうのはもっと酷かったんじゃないの?そんな印象ありますが
貧困に対する感じ方が違うのかな?

どちらにしても稼いだ人がたくさん税金を払わない限り解消って訳にはいかないでしょうし
かといって、その稼ぎは盗みとかでも無い限り、その人個人の努力の結果だったりする場合はケチの付けようがないですもんね。国がどこまで関与するのかといえば判断が難しいところじゃないかなぁ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160414-00000007-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック