2016年03月17日

ライフラインを自由化して安くするという発想が、全ての誤りのもとではないか?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160317-00000003-san-l15

Yahoo:「ロジテック問題 新潟市、代金回収急ぐ 県は損賠検討

破産申請手続きの準備に入った新電力大手、日本ロジテック協同組合(東京都中央区)との間で電力を売買していた新潟市は、購入した電力の代金の支払いを停止し、市側の債務と相殺して販売代金を回収する方針を決めた。それでも3400万円程度の未回収額が残る見通し。また、同社からの未回収額が全国の自治体で最も多いとみられる約10億9100万円にのぼる県は、回収に向けて損害賠償請求の提訴も検討する構えだ。

 新潟市は、亀田清掃センター(江南区)のごみ焼却施設の余熱で発電した電力の一部を昨年4月から今年3月末まで同社に売る契約を結んでいた。2月に解除したものの、12〜2月の3カ月分の代金約5400万円が未回収となっている。

 そこで、市内の45小学校分として市が同社から購入した2月分の電力代金約1千万円の支払いを停止。同額の3月分の支払いも止める方向。市の担当者は「弁護士と相談し債権の回収を目指したい」としている。

 一方、2月末に契約を解除した県は、損害を県が被る場合に備え同社が納めた約3億4千万円の「契約保証金」で未回収額を補填(ほてん)する考え。ただ依然、未回収額は多額のため、県企業局は回収に向けて損害賠償請求を含め「あらゆる手段を検討したい」としている。


これってむしろ新潟県を県民が訴えて良いレベルの失策じゃないですか?
貧すれば鈍するって奴?

こんな電力の購入方法を考えた時点で失敗は目に見えていたと思いますけどね

ライフラインを保護したり維持するのが、むしろ自治体の役割だと思っていましたが
安く電力を買おうっていうケチくさい発想がこういう愚かな失敗を招いたと思います
加えて泉田くんの原発ニクシーのこだわりも足をすくわれる原因になったんじゃないですかね?

確実に供給することがライフラインの責務であって、高い安いは二の次ではないかと思います
そりゃ安い方が良いわけですがね

オイルショックの反省から原発へシフトしたことを踏まえれば、今の原発忌避の動きは阿保やろとしか思えませんね
で、原油を大量に買い占めて、国富を無駄にしているわけで、いい加減にしろって思います

というわけで、電力をはじめとしてライフラインは全て国営化もしくは地方自治体固有のものとして欲しいです
民間では儲からないからといって逃げることも出来るので、利用者としては本当に困るわけです
行政が責任もってやって欲しいです
民間がやれば競争原理が働いて安くなって良いということを言いますけど
その結果、現場で働く労働者が安月給で酷使されることになるのです

きちんと代価を払い、労働者も消費者も良い関係になるようにしたいですね!
競争原理は何のことはない労働者潰しの発想でしかないのです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160317-00000003-san-l15


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック