2016年03月15日

一億総活躍とか言っておきながら、外人を受け入れるとは政府はバカなのか?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160315-00000142-jij-pol

Yahoo:「外国人就労拡大の検討着手=自民特命委、介護分野など

自民党は15日、「労働力確保に関する特命委員会」(木村義雄委員長)の初会合を党本部で開き、外国人労働者の受け入れ拡大について検討に着手した。
 人手不足が深刻な介護分野などで外国人就労の門戸をさらに開くことが可能かを議論。入管難民法で新たな在留資格を創設することも視野に入れる。4月末からの大型連休前に提言を取りまとめる。
 

外人労働者の受け入れは、どう考えても国益を損なうだけでしょ?
一億総活躍とか言っておきながら外人を受け入れたら国民の働く場が限られ、国民生活が行き詰まるだけだと思いますね
国民に働く場を与えず、外人を連れてくるって事は
単に人件費を安く抑えたい財界の思惑に沿っているだけでは?
ついでに敢えて言えば、女性を働かせるのも同様の考えではないか?そういう風にしか考えられないですよね

人件費を抑えないと、国際社会での競争力がっていうなら国が調整すればいい話であって、国民の給与に関して妥協はして欲しくないですね。だからこそTPPなんてアホウなことをしたら日本が一人負けって状況になるんじゃない?人件費のかからない国の方が有利に思えますので

どちらにしても安く働く外人が多く入ってくれば、それに準じて給料も下がることになり
国民には悪影響しか及ぼさないと思います

日本という国をよくしたければ、給料を上げて、安定した生活を確保することの方が大事ですが
少子化対策を急がないといけないのに女性を働かせるとか言ってみたり
安倍政権は内政に関してはバカなことをたくさんやっていると言わざるを得ません

対して野党はもっと馬鹿なことをしているからどうしようも無いんですよね

普通攘夷だろ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160315-00000142-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック