2016年02月02日

科学的な実証が出来なければ、ただの妄想でしかないよ>小保方手記http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160201-00000550-san-sctch

Yahoo:「小保方さん手記 ネット通販1位、反響大きく…理研側困惑「科学の場で議論を」

STAP細胞の論文不正問題をめぐり元理化学研究所研究員の小保方晴子氏(32)が執筆した手記が波紋を広げている。一連の騒動を謝罪する一方、実験の一部は再現できていたとの主張に、理研関係者からは「科学者なら科学の場で議論すべきだ」などと困惑の声が上がっている。

 手記は1月28日に発売された『あの日』(講談社)。ネット通販大手アマゾンの売れ筋ランキング1位になるなど反響は大きい。

 理研の調査では、STAP細胞の正体は何らかの理由で混入した胚性幹細胞(ES細胞)とされた。小保方氏は手記で「私は混入犯に仕立て上げられ、社会の大逆風の渦に巻き込まれていった」と振り返った。

 論文の調査や撤回過程については、理研への不満などをつづった。特に実験当時の上司で共著者の若山照彦山梨大教授への批判が目立つ。検証実験では「私が実験を行っていた範囲でのSTAP現象は、たしかに確認されていた」とした。

 理研関係者からは「出版は個人の自由なので権利は守られるべきだ」との意見がある一方、「なぜいまさら蒸し返すのか。論文の評価や調査結果が変わることはあり得ない」との声も。若山氏は大学広報を通じ「取材対応は控えたい」とした。

 手記はメディアに対しても「個人攻撃的な報道がどんどん流された」「真実が書かれた記事は果たしていくつあっただろうか」と反発。毎日新聞とNHKの記者の実名を挙げ批判した。


買う人がいるんですね(笑)

理研にとってはもう関わりたくない問題でしょう
せっかく新しい実績をつくり、次へ進もうとしているのに
こんな事に引きずられたらイヤでしょう
困惑というか、寄ってくるなというのが正直な気持ちでしょうね!


何にしても科学的な事なら、科学的な実証を示さなければ、何にも価値は無いわけで
スキャンダル的な話題でワイドショー的には良いかもしれませんが、科学会にはもう居場所はないでしょうね
おそらく二度と敷居はまたげないでしょう


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160201-00000550-san-sctch


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:妄想 理研
posted by ! at 20:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然:科学化学関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック