2016年01月28日

どこが問題なんだろう?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160128-00000044-jij-soci

Yahoo:「首相靖国参拝憲法判断せず=原告の差し止め請求棄却―法的利益侵害認めず・大阪地裁

安倍晋三首相が2013年12月に靖国神社を参拝したのは、政教分離を定めた憲法に違反し、平和的生存権の侵害だとして、全国の戦没者遺族ら765人が首相や国、靖国神社を相手に、将来の参拝差し止めと原告1人当たり1万円の慰謝料を求めた訴訟の判決が28日、大阪地裁であった。
 佐藤哲治裁判長は「参拝による原告らの法的利益の侵害を認めることはできない」と述べ、請求を棄却した。違憲性の判断はせず、参拝が首相の職務行為か公私の区別にも言及しなかった。
 安倍首相の靖国参拝に関する訴訟は、東京、大阪両地裁に起こされ、判決は初めて。原告らは控訴する方針。
 佐藤裁判長は、首相の参拝について「特定の個人の信仰を妨げたりして圧迫、干渉するような性質のものではない」と指摘。内心の自由や信教の自由の侵害との原告の主張に関して、最高裁判決を踏襲し、「自己の心情や宗教上の感情が害されたとして不快の念を抱いたとしても、直ちに損害賠償を求めることはできない」と退けた。
 過去には小泉純一郎元首相の参拝で違憲判決が出ているが、佐藤裁判長は「社会情勢や国民の権利意識の変化で裁判所の判断が変わることもあり得る」とした。
 原告は首相の参拝について、憲法前文や9条で保障された「平和的生存権」の侵害と訴えたが、判決は「平和的生存権として保障すべき権利、自由が現時点で具体的権利性を帯びているか疑問」と退けた。
 安倍首相側は参拝は私的行為で、原告らの法的利益を侵害していないとして、請求棄却を求めていた。首相は第2次政権発足から1年となった13年12月26日、靖国神社を昇殿参拝した。「内閣総理大臣 安倍晋三」と記帳した。
 萩生田光一官房副長官は28日の記者会見で、判決について、「国の主張が認められたものと承知をしている」と述べた。首相が参拝に公用車を使用したことに関しては、「警備上の問題だとか、緊急対応の問題などを考えると、公用車以外の車で移動するということは想定できない」と話した。


総理が伊勢神宮に参拝しても問題視しないけど、靖国神社だと目の色変えて騒ぐのな
どういう連中が訴えているのかよくわかる、ってものです

それにしても、靖国神社へ行って戦争への危機感が高まるって、ただのバカか強い妄想癖の持ち主ではないでしょうか?
靖国神社は祖先へ感謝とかそういう気持ちを捧げるところであって、戦争をするぞって誓う場所じゃないし、第一そんなことを言ったら天罰が下ると思いますけどね

何のために祀っているのかわかっていない人は本当におぞましい存在で、間違いなく日本の心を持っていない人でしょうね、間違いなく

神社って、日本の心だから、宗教とかそういう風に言われて政教分離とか言われてもそぐわない場所って自分は思います。日本が米の国として歩んできた間ずっと一緒なんですし、別扱いはないだろうなって思いますね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160128-00000044-jij-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック