2016年01月19日

入国管理局職員は命がけで日本を守ってる!>不法滞在者に容赦ないのは正しいhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160118-00000027-asahi-soci

Yahoo:「強制送還のガーナ人死亡、二審は遺族側の逆転敗訴

成田空港で2010年、強制送還中のガーナ人男性が急死したのは、東京入国管理局職員の過剰な制圧行為が原因だとして、日本人の妻(54)ら遺族が約1億3千万円の損害賠償を国に求めた訴訟の控訴審判決が18日、東京高裁であった。滝沢泉裁判長は「心臓の腫瘍(しゅよう)による死亡で、制圧行為との因果関係はない」と判断。国の責任を認めた一審・東京地裁判決を取り消し、遺族の請求を棄却した。

 死亡したのは、アブバカル・アウドゥ・スラジュさん(当時45)。法務省の調査では、内規で原則認められていない「猿ぐつわ」やプラスチック製の結束バンドを使って入管職員がスラジュさんを拘束し、飛行機の座席で押さえつけて深く前かがみの姿勢をとらせていたことが判明している。

 14年3月の地裁判決は、「猿ぐつわと前かがみの姿勢による窒息死で、違法な制圧行為だった」として、国に約500万円の賠償を命じていた。


素性の分からない不法滞在者を送り返すのですから、入国管理局の職員さんたちは命がけの仕事だと思いますよ
自分としては身を守るための行動として問題なしだと思いますね

強制送還をおかしいという人やら人権無視とかいう人
その前に守るべき法を守れと言いたいですね
守らなかった以上犯罪者として扱われ、国外追放されるのは当たり前
むしろもっと大々的に行い、根こそぎ国外退去を求めるべき物件は多いだろうと思います
やって欲しいけど、肝心の職員が少ない状態
大事な仕事なのに、人を減らす国がおかしい。公務員だから減らすべきという阿呆な国民の声を受けて減らしてしまう国がおかしい。国を守るべき人たちの増員をお願いし、不法滞在者の一掃をお願いしたい

かわいそうだから、気の毒だからという程度の理由で犯罪者を容認する人治主義は異常ですよ
ダメなものはダメ、というきっぱりとした態度で臨んで欲しいものです
軒を貸して母屋を乗っ取られるような行為を許してはなりません
日本は日本人のための国、まずは日本人の安心安全を確保することが大事です


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160118-00000027-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人参政権とか不良外人問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック