2016年01月18日

大村知事ってバカだよね?>廃棄品流用問題で被害者を大批判http://alfalfalfa.com/articles/142423.html http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160118-00050059-yom-soci

”アルファルファモザイク”:「愛知県知事・大村秀章「ココイチも同罪」

岐阜県のこれまでの立ち入り調査で、みのりの冷凍室からは壱番屋製の冷凍カツ以外に、多くが賞味期限切れだった炭火焼き鳥ももやビンチョウマグロ、骨付きフライドチキン、ゴボウの空揚げを発見。
これらの食品も過去に転売された可能性があるとみて岐阜県が製造元や流通経路を調べているが壱番屋製カツ以外の流通先は不明だった。

本紙などの取材に、みのりの実質経営者は「マグロは試食したが、十分食べられるものだったので買ったがあまり売れなかった。空揚げは知り合いの弁当店にも売ったが、とても人気があった」などと語った。
さらに「みそ漬けのもとや食べ物に塗るみそ、パンや菓子も少しダイコーから買った」とも明らかにした。

大村知事は「食品に対する信頼、県民の安心・安全を揺るがす大変な問題。流通の実態を解明し厳正に対処する」と述べた。「壱番屋は被害者だが、日本を代表するカレーチェーンで、社会的な責任は重い。
なぜこんなことになったのか、壱番屋も検証し、再発防止策を講じてほしい
」とも求めた。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2016011802000211.html


何で壱番屋が責任を持たないとなら無いのか?
むしろ認可を出した行政の無能さがでているだけではないか?行政への批判をかわすために壱番屋を生け贄にしているだけではないでしょうか?
行政の長として非常にバカだし、無能だし、そもそも余りに無責任な発言です

各メーカーの対応は以下のようですが?
Yahoo:「廃棄カツ横流し、委託側「もう取引できない」

「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する壱番屋(愛知県一宮市)が廃棄した冷凍カツの不正転売事件を受け、カツを横流しした産業廃棄物処理会社「ダイコー」(同県稲沢市)に廃棄品の処分を委託する食品メーカーの中で、ダイコーとの契約打ち切りを検討する動きが広がっている。

 ビーフカツだけでなく、チキンカツやロースカツ、さらには壱番屋以外の製品でも横流しが確認されており、メーカー各社は憤りと不安を募らせている。

 都内に本社を置く大手飲料メーカーは、賞味期限切れなどで出荷できなくなった商品の廃棄を委託している。事件発覚後、自社の分がきちんと処分されたかを確認しようとしたが、直接話を聞けていないという。担当者は「まさかこういうことをしていたとは。契約を見直したい」と話した。


当然そうなりますね
行政が認可したちゃんとした産廃業者だと思っていたら、こんな事になっていたわけですから
メーカーとしたら、当然裏切られた気分でしょう
契約を切り、別の業者へ切り替えるのは当然では無いかと思います
むろんくだんの業者は潰れるでしょうね、たぶん。自業自得です


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160118-00050059-yom-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:54| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック