2016年01月04日

お客様は神様という言葉が、客を勘違いさせ増長させてしまうのかもねhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160104-00000035-asahi-soci

Yahoo:「「笑顔ない」とコンビニ店員に重傷負わせた疑い 男逮捕

鹿児島県枕崎市内のコンビニで男性店員に「笑顔がない」などと言って蹴り、重傷を負わせ、土下座を強いたとして、鹿児島県警は4日、同市折口町、生花店経営牟田吉行容疑者(56)を傷害と強要の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 枕崎署によると、牟田容疑者は3日未明、枕崎市内のコンビニ前の路上で、男性アルバイト店員(44)の腹部を蹴り、土下座を強いた疑いがある。男性店員は腎臓を損傷し、約1カ月の重傷。

 牟田容疑者は客として店を訪れ、レジで精算を済ませた後、接客をしていた男性を店外に呼び出して謝罪を要求したという。同容疑者は店の常連といい、男性店員の届け出を受けて署が捜査していた。


客だからと言って何をしても良いって事は無いでしょう?

それに、客>店員って事も無い
客=店員じゃないのかな?
買って貰うって立場で店側が下に見られがちですけど、そんなことは無いです
あくまで対等
あとは人同士の互いの思いやりとか気遣いの問題
気遣いが無いからと言って文句を言ったり、殴って良いという理由にはならないと思いますね
お客様を過剰に持ち上げる風潮が、こういうバカを生み出してきたのかもしれませんね
おもてなしとか、向かえる側が過剰にへりくだる風潮は気持ち悪いです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160104-00000035-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:暴力 お客様
posted by ! at 21:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック