2015年12月26日

そのまま那覇沖に現れたらどうするんだろう?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151226-00000023-asahi-pol

Yahoo:「中国公船が一時領海侵入 尖閣諸島沖、砲を搭載か

26日午前9時半すぎ、沖縄県・尖閣諸島の久場島沖で、中国海警局の公船「海警」3隻が相次いで領海に侵入した。第11管区海上保安本部(那覇市)によると、3隻のうち1隻は砲のようなものを搭載。11管の巡視船が複数で監視し、無線で退去を呼びかけ、午前10時40〜50分にいずれも領海を出た。

 11管の説明では、中国公船側からは無線で応答があった。中国公船側は、尖閣諸島周辺は「中国の固有の領土」と主張し、「貴船は我が国の領海に侵入した」と述べたという。

 中央付近に砲のようなものを搭載していた。この中国公船は「海警31239」で、22日午前、尖閣諸島周辺で初めて確認された。その後、他の「海警」とともに領海の外側にある接続水域を航行し、25日午後に1度接続水域を出たが、26日朝、他の2隻とともに再び現れた。


支那がいよいよ漁船もどきから軍艦に変えて、領海侵犯をするようになってきましたね
この先どうなるのかな?
今のままでは海上保安庁が対処するしか無いですし、最悪の場合これといってできないまま那覇沖に現れるようなことがあったらどうするのかな?

沖縄県知事あたりはウェルカムかもしれませんから自衛隊の出動要請はしないでしょうね
一般人虐殺されますよ


支那の侵略行為に対してきちんと対応出来るように早く自衛隊の行動様式を改めて欲しいですね
その際、地方自治体の首長が反日で国民の命を守る気が無い場合があるってことを想定したものも加えておくべきでしょう


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151226-00000023-asahi-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック