2015年12月26日

民族が交われば、宗教争いが顕著になるわけですねhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151226-00000023-jij-eurp

Yahoo:「暴徒がコーラン燃やす=イスラム施設襲撃―仏コルシカ島

フランス警察によると、コルシカ島アジャクシオで25日、デモ隊がイスラム教の礼拝施設に押し入り、聖典コーランを燃やした。
 バルス首相はツイッターで「許し難い冒涜(ぼうとく)」と非難した。
 アジャクシオの貧困地区で24日夜から25日未明にかけ、消防隊員2人と警官1人が「覆面姿の若者」に襲われて負傷した。抗議するデモ隊約150人が25日午後、県庁前に集まり、一部が貧困地区に移動。「アラブ人は出て行け」と叫んで礼拝施設を荒らし、コーランを燃やした。
 今年は24日にイスラム教のムハンマド聖誕祭、25日にキリスト教のクリスマスが続いた。
 

移民の受け入れに関わってくるのかどうかは知りませんが
移民とか、何かしらの事由で複数の民族が交わることになれば、こういう宗教的な争いも顕著になってくるわけですよね
互いに自分の信仰が一番な訳ですから、当然相手を貶めようとする感情が出てくるのはごく自然なことでしょうがないと思うので、多文化共生とかアホなことをいわずに国境をきちんとひいて互いに不干渉とするほうが互いに安全だと思うんですよ

ましてキリスト教とイスラム教、十字軍のからの因縁でずっとアレな関係であることを踏まえたら同じ場所に置いておくのは火と火薬を並べておいておくようなモノですね

とはいえ、エルサレムのような場所があるからなぁ
何でそういうことになっちゃっているんでしょうか?あのあたりイスラエルでは無く国連の直轄地にして絶対非戦闘区域にできないものでしょうか?

宗教の争いはたぶん止められないと思います。とにかく互いに干渉し合わないことしか無いと思いますよ

最終戦争はやはりというかもしかしたらキリスト圏とイスラム圏の争いになるんでしょうかねぇ
きっかけはシリアからの移民が引き起こすとか・・・・ね

誰もが仲良くなんて幻想ですよ、きっと
違うモノを受け入れられるほど大人じゃ無いでしょう、各民族ともに


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151226-00000023-jij-eurp


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック