2015年12月25日

有権者は休ませるために選んだのですか?>国会議員の育休http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1864850.html

”痛いニュース(ノ∀`)”:「男性国会議員の育休、予想以上の冷たい反応

1 名前: パイルドライバー(dion軍)@\(^o^)/:2015/12/24(木) 07:40:41.73 ID:delISMJS0.net
育児休職を取ると宣言した男性議員に賛否両論の声が上がっています。予想以上の冷たい反応を受けながらも、宮崎謙介衆院議員は強い決意を示しました。

菅官房長官:「育休を取ると相談を受けた。育休を取るための議員立法を超党派で作ってもいいんじゃないかな、こんな思いさえする」

自民党の宮崎・金子両議員の披露宴には、政府・与党の重鎮が多く出席しました。二階総務会長からは「迷惑を掛けないように良識的な判断を」と慎重な考えを示され、伊吹元衆院議長からは「妻だけに任せてはいけないから育休を、なんて気持ちは、まあ5年くらいだ」と諭されるなど否定的な意見にも直面しています。

宮崎謙介衆院議員:「党内を始め、なかなか、この師走の風と同じように大変寒い風が吹いている。これからの日本のためだという覚悟で、これから重たい一歩を踏み出して行きたい」

宮崎議員は、来年1月6日に育休の制度化を衆議院に求める考えです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000065000.html


ふざけんなと言いたい
国会議員らと労働者は違うと考えます

タイトルの通り
有権者はあんたらを育休をとらせるために選んだのでは無い
国会で働いて貰うために代表者として送り出したのです
それを全う出来ないのであれば議員辞職するのが筋では無いですか?

普通の労働者なら休むのもしょうがないかなと思いますけど、議員の育休は言語道断だと思いますね
有権者に一票を返しなさいと、いいたい


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:54| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
極論ながら、育休を一年取ります。翌年に年子ができたので、育休をもう一年取ります。再来年、また年子がてきたので、さらに一年育休を取ります。4回繰り返したら、働くことなく衆議院議員を満了できます。給料と文書交通費費さらに政務活動費も満額受領。1度も賛否の決にかかわらない。大なり小なりの差があれども、これを許してはならない。
Posted by やっさん at 2015年12月26日 07:50
まぁ、そういうことになるんですよね
一票の重みをいっている人ですら、育休をとるべしっていう人もいますし、なんかおかしな話だと思ってます
育休が必要な期間を過ぎてから選挙を通して、また出てきて欲しいものだと思います
有権者軽視も甚だしいですよ、議員の育休って
Posted by !@管理人 at 2015年12月26日 21:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック