2015年12月23日

延長するのは良いけど、日本の宇宙開発にどんな影響が?>有人飛行する気は無いのかな?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151222-00000139-jij-pol

Yahoo:「ISS参加延長、正式決定=24年まで、日米合意

政府は22日、国際宇宙ステーション(ISS)計画への参加を現行の2020年までから24年まで4年間延長することを決め、米国との間で合意文書を取り交わした。
 署名式に出席したキャロライン・ケネディ駐日米大使は「日本はISSにとって不可欠な役割を担っている」と述べた。
 合意文書は「少なくとも24年までのISS運用に関し、日米両政府が協力プログラムを構築する」と明記。日本実験棟「きぼう」をはじめとするISSの実験設備やデータの相互活用、共同研究を促進するほか、アジアの新興国を対象にした実験機会の提供拡大を決めた。
 また、日本の無人補給機「こうのとり」を利用した宇宙ごみ(デブリ)除去技術の開発協力なども盛り込まれた。 


お金を出して貰っているから、少しだけ間借りさせている感が強くて
もう少し何か出来るようなことは無いものかなと心配になります
今の所はアメリカ、ロシアのお膳立ての中で宇宙で何かさせて貰っているだけって印象
それはそれですごいこととは思いますが、4年の延長の中でどんなプランがあるのでしょうか?

流石に4年では無理とは思いますけど、やはり有人での打ち上げにチャレンジするとか
何か無い?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151222-00000139-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然:科学化学関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック