2015年12月22日

何で無料なんだろう?>三人目保育費無料拡大http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151221-00000076-mai-pol

Yahoo:「<子ども貧困対策>保育無料を拡大…3人目以降一律

政府は21日、子どもの貧困対策を決定した。ひとり親家庭や子どもの多い世帯への支援に重点を置き、子どもが3人以上いる低所得世帯への支援を拡充。2016年度から3人以上いる世帯は一律で3人目以降の保育料を無料にする。現在は、保育所の場合、1人目が小学校に入学したら3人目は半額になっている。経済的支援のほか、低所得世帯の子どもが大人になって貧困に陥る「貧困の連鎖」を断ち切るため、教育支援なども強化する。

 厚生労働、文部科学など関係閣僚らでつくる「子どもの貧困対策会議」(会長・安倍晋三首相)が同日、持ち回りで決めた。

 現行の保育料は、3人以上が保育所にいれば2人目は半額、3人目以降は無料となっている。しかし、1人目が小学校に入学すると、2人目は全額、3人目は半額負担になる。今回の支援策では、子どもが3人以上いる年収約360万円未満の世帯は兄弟の年齢にかかわらず2人目は半額、3人目以降を無料とする。幼稚園にも同様に適用する。住民税非課税のひとり親家庭は保育料を第1子、第2子ともに無料化する。

 保育所、幼稚園とも来年度から実施。文科省によると、幼稚園の支援のための予算は22億円増える。一方、保育所について厚労省は予算額を明らかにしていない。

 また、ひとり親家庭に支給される児童扶養手当についても、2人目以降の支給額を最大で倍増する。現在は子ども1人の場合は月額最大4万2000円で、2人目は5000円、3人目以降は各3000円を支給される。これを2人目は1万円、3人目以降は6000円に引き上げる。ただし、2人目以降にはなかった所得制限を設けるため倍増しない世帯もある。来年8月分から実施し、12月に8〜11月分が支給される。

 一方、「貧困の連鎖」防止策として学習支援を拡充。自治体などによる無料の学習塾の拡充を促すなどして高校進学の下支えを図るほか、高卒認定試験の合格支援の対象をひとり親家庭の親だけでなく子どもにも広げる。【細川貴代】

 ◇子どもの貧困◇

 年収が平均的世帯の半分を下回る家庭で暮らす17歳以下の子どもの存在や生活状況を指す。その割合が「子どもの貧困率」で、2012年には16.3%と過去最悪を更新した。中でも、ひとり親世帯は半分以上が貧困状態にあり、経済協力開発機構加盟国でも最悪の水準だ。1980年代後半から10年代にかけて母子世帯は1.5倍、父子世帯は1.3倍に増加。また、母子世帯の8割で母親が働いているが、その半数ほどはパートやアルバイトで平均年収は181万円。


少子化対策を考えれば、多産の家族っていうのは優遇されて然るべきとは思うのですが
この教育費を満足に払えないで多産というのもどうかと思うんですよね
それに保育士の給与面の悲惨さを考えれば無料というのはだめだろって思います

保育園に収入が無ければ当然給与が上がるわけも無いですし、国からの手当があるとしても保育士にどれほど支払われるのでしょうか?
それを考えたら無料で良かったねとは言えません
給料がもらえなければ、人は集まってきませんからね

無料無料というデフレマインドがある限り景気は良くならないし
払うべきを払わなければ人は雇えませんし、ブラック企業が蔓延するばかり
それを国がやったらダメでしょう

あとは安易に結婚しない
結婚しないまま子作りをしない
結婚相手の吟味は慎重に
離婚を減らすことで一人親を減らすようにがんばっていただきたい
結婚しないで一人で産んで育てるというのも子供のためには絶対にならないのでダメとしましょう
子作りの相手は慎重にするべきでしょう
一緒に子育てを出来る相手かどうか見定めてから関係を持つべきでしょうね
あとは景気を良くしておとーちゃんの給料を上げれば、よっぽど高望みをしなければ子供の貧困ってそうそう無いと思います


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151221-00000076-mai-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック