2015年12月18日

別姓訴訟のおばはんはほんまにキチガイだったhttp://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1864149.html

”痛いニュース(ノ∀`)”:「夫婦別姓訴訟の塚本さん、子供が産まれる度に出生届と婚姻届出し、すぐ離婚届出して塚本姓に」

1 名前: スターダストプレス(岐阜県)@\(^o^)/:2015/12/18(金) 15:20:14.21 ID:bJWnNyI/0.net
1夫婦別姓訴訟、最高裁へ
結婚しても、元の姓でいられるようにしたい。こんなささやかな願いが、またも退けられた。富山の塚本協子さんらが、訴えていた裁判だ。

塚本さんたちは、「夫婦別姓を認めていない民法の規定は、個人の尊重を定めた憲法13条や、両性の平等を定めた24条、女性に対する差別法制度の改廃義務を定めた女性差別撤廃条約などに違反だ」と、2011年2月、国を相手に損害賠償を求めた。

3月28日、東京高裁は、改姓による不利益や、社会の変化を一部認めたが、原告側の請求を棄却す判決を下した。東京地裁に続いての理不尽な判決に、怒りで震える。

判決は、「控訴人らが主張する『氏の変更を強制されない権利』が、いまだ個人の人格的生存に不可欠であるとまではいえず、また、長期間国民生活に基本的なものであったとはいえないというべきである」などとした。だから、「夫婦別姓の権利は憲法上保障されない」という。

塚本さんは、判決を読み、涙がとめどなく流れてきたという。1人っ子の塚本さんは、子どもの頃から何かにつけて家制度に直面し、「その重さが苦痛でたまりませんでした」と私に話してくれた。フランス、ロシアなどのレジスタンスの歴史が好きになり、大学で歴史を専攻、高校の教員になった。そして結婚。結婚式はしても届けは出さなかった。子どもが3人産まれ、そのたびに出生届と婚姻届を出し、すぐ離婚届を出し、塚本姓に戻した。苦闘の半生である。(以下略)
http://frihet.exblog.jp/22065460/


自分の姓が良いなら、あんで夫に婿入りして貰うとか、そういう相談はできなかったのか?
婚姻届、離婚届を頻繁に出したりする手間よりずっと楽だろうに
苦難でも苦闘でもなく、ただの愚かな行為

やっぱしキチガイだよね、表現が悪いのは承知の上


18: ダブルニードロップ(埼玉県)@\(^o^)/ 2015/12/18(金) 15:28:50.71 ID:SkQ8Cndc0.net
>>1
お前の塚本姓も夫婦同姓で受け継がれてきたものだけどな

つまりお前のそれはただのわがままだ

30: ミドルキック(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/12/18(金) 15:31:35.42 ID:uw6dGhfe0.net
>>24
あれを思い出すな
エホバの証人の輸血を拒否して子供を死なせた奴


こういうのは黙殺するんでしょうね、たぶん

家族になることを拒否するような連中は、ものすごく残念な人たちなんだろうなと思います
他の国のしきたりでは無く、この国のしきたりとして考えるべきです
国際標準とか、他の国でやっているから、日本でもって考え方はおかしい
この国がたて100年ばかりでも、続けてきたコトの方を優先させるべきでしょう

35: アキレス腱固め(大阪府)@\(^o^)/ 2015/12/18(金) 15:32:46.98 ID:EgUAKn2d0.net
夫婦共にキチガイじみてるな
嫁が変えたくないなら旦那が変えればいいのに

ですね!


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:夫婦別姓
posted by ! at 20:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック