2015年12月08日

ワタミ、ようやくブラックであることを認める>過労死自殺和解http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151208-00000038-asahi-soci

Yahoo:「ワタミグループ過労自殺訴訟が和解 会社側が責任認める

ワタミグループの居酒屋「和民」に勤めていた娘を過労自殺で失った遺族が、ワタミや当時代表取締役だった渡辺美樹参院議員(自民党)らに損害賠償を求めた裁判が8日、東京地裁で和解した。ワタミや渡辺氏らは法的責任を認め、連帯して1億3千万円超を支払う。

 遺族は、渡辺氏の経営理念が過酷な長時間労働を強いるワタミの体制をつくったとして、会社だけでなく渡辺氏個人にも責任があると主張。渡辺氏は当初「道義的責任はあるが、法的責任はない」と争う姿勢を示していたが、最終的に責任を認めた。

 この日、遺族らが会見して明らかにした。この事件もきっかけとなり、ワタミは「ブラック企業」として強い批判を浴びた。渡辺氏は朝日新聞の取材に「ブラック企業ではない」と反論していた。(編集委員・沢路毅彦)


■ワタミ過労自殺訴訟の経緯

2008年4月 森美菜さんがワタミ子会社ワタミフードサービスに入社

     6月 美菜さんが社宅近くのマンションで自殺

2012年2月 労災認定

     9月 遺族がワタミに協議申し入れ

     11月 ワタミが民事調停申し立て

2013年5月 渡辺氏が自民党から参院選への立候補表明

     12月 遺族が提訴

2014年3月 渡辺氏が東京地裁で「法的責任は見解に相違」と陳述

2015年12月 ワタミ側が法的責任を認め、和解


渡辺美樹参院議員(自民党)、このおっさん、
遺族に手をついて謝ったのかな?
ごねるだけごねて逃げをはかったんでしょうけど、どうにもならなくなってしょうがなく和解したんだろうなという印象しか無いです
そのくらいクソな人物像。こんなのを参議院議員にした自民党はつくづくバカだし人を見る目が無いのかなと思います、情けない限りです

さて、いずれにしても雇っていた人物をこき使って殺したことには変わりはありませんし、先の常総市の市議会での話を聞く限り、どこでもあり得ることなんだなと悲しく思います

とにかく政治が労働基準法の厳守を国民に求め、
働いたら相応の代償を受け取るのが当然という風潮を強くしていくしか無いと考えます

しかし、竹中平蔵とか維新みたいなクソ野郎はいかに代価を支払わないようにするかに腐心してますし、それを支持する動きが強いのですよね。イヤな世の中です


お金を貰っても、渡辺美樹参院議員(自民党)が手をついて謝っても、戻ってこない以上、遺族の方々は何も癒やされないでしょうね

せめていろんな企業が、ブラック体制は良くないと悔い改めて労働者の福利厚生を良くするように改めてほしいです
あ、ワタミは元社長が絶対に関わらないようにして、社内体制を一新しなければダメでしょうね
潰したら普通の社員が気の毒なので潰せとは言わないです。ただ会社役員は一掃するべきでしょう

ブラック企業は国民性があるようですから、なかなか改められないでしょうねぇ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151208-00000038-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック