2015年11月30日

ウルトラマンに対してものすごく失礼だと思います>沖縄教授のバカ発言http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1861914.html

”痛いニュース(ノ∀`)”:「【沖縄】「本土から見れば米軍はウルトラマン、でも彼は殺人犯。戦後70年、怪獣は現れてない」…沖縄の大学教授

1 名前:記憶たどり。 ★:2015/11/29(日) 15:03:20.40 ID:CAP_USER*.net
日本平和学会(佐々木寛会長)の秋季研究集会が28日、西原町の琉球大学で始まった。同学会理事会の有志(佐々木会長ら24人)が、米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古への新基地建設について、即時中止を求める声明を発表したと総会で報告があった。「沖縄戦後70年−沖縄戦と米軍統治、復帰、現在そして未来」をテーマに、29日まで基地問題や原発、植民地、平和教育などをテーマに5部会11分科会を開く。

分科会「東アジア共同体と日米安保体制見直し」には、鳩山由紀夫元首相らが登壇した。鳩山氏は「東アジア共同体は構成国を固定すべきでない。東南アジア諸国連合(ASEAN)に日、中、韓を加えた13カ国で東アジア共同体議会をつくるべきだ。その設置場所を沖縄に誘致し、沖縄を軍事ではなく平和の要石とすべきだ」と述べた。

前泊博盛沖縄国際大教授は「本土から見れば米軍は正義のウルトラマンなのかもしれないが、そのウルトラマンは殺人を含む犯罪をたびたび起こし、戦後70年間で 怪獣は一度も現れていない」と述べた。

親川志奈子琉球民族独立総合研究学会共同代表は「対米従属で辺野古に税金で基地を造ろうとしている日本こそが独立し、平和な社会を築いてほしい」と強調した。
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-179629.html


ウルトラマンのおかげで、何もしなくてもこの国は守られているわけですがねぇ

そしてウルトラマンの世界で防衛隊の皆さんは、むしろウルトラマンの手では無く我々の手で平和を守らなければならないと決意されているのですが

ただ平和だ〜とお題目を唱えれば平和になるほど世の中は甘くないのでは無いですか?
いろんな紛争地域を見ていると、そう感じますけどね

米軍に守られのほほんとしつつ、平和について能書きを垂れるのは、どうかと思います


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック