2015年11月25日

大都市の違憲だけがまかり通る社会が平等なんでしょうか?最高裁殿!http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151125-00000038-mai-soci

Yahoo:「<1票の格差>昨年の衆院選「違憲状態」…最高裁判断

選挙区間の「1票の格差」が最大2.13倍だった2014年12月の衆院選は憲法が定める投票価値の平等原則に反するとして、二つの弁護士グループが選挙無効を訴えた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は25日、小選挙区の区割りを違憲の一歩手前の「違憲状態」と判断した。無効請求は棄却した。

 最高裁は11年、格差が2.30倍だった09年衆院選を「違憲状態」と指摘し、格差の要因となっていた「1人別枠方式」の廃止を求めた。これを受けて国会は別枠方式の規定を削除し、小選挙区を0増5減。ただ、区割りが間に合わず12年衆院選の格差は2.43倍に広がり、13年の判決で再び「違憲状態」と判断した。今回、問われた14年衆院選は0増5減が反映されたため格差がわずかに縮小していた。


安倍政権を倒して、支那朝鮮(もしくはアカ)による支配を進めたい人にとっては、おそらくは最後のよりどころなんでしょうけど
完全に一票の格差をなくしたら田舎出身の人は政治に口を出せなくなりますけど
それはそれで良いのでしょうか?
厳密に人口割りは間違いなく地方と都会の格差をさらにすすめることになりますけど、如何お考えなのでしょうか?世田谷区で100万人いて、鳥取県では約58万人。お話になりませんね。都市部寄りの議員比率でよいのでしょうかね?

素直に議員定数を増やして、地方部と都市部の調整をするしか無いんじゃ無いでしょうか?もちろん人口比率上では必ず違憲状態になりますが、地方と都会のバランスが取れない以上しょうがないでしょうね
田舎を1にすれば、都会は増えますもんね
都会を1にすれば、地方はゼロになるところが多いでしょう。もしくは県境とかそういうのを無視して複数の件で一人とか・・・アホらしいな

最高裁もバカだなぁと思います
こんなコトを真剣に判断してもバカバカしいと思わないのかなぁ
結果は見えているのにね!


たとえ違憲だとしてもそれを最高裁に覆すだけの力は無いわけですし、
覆ったとしても、人口割りを定めるのは国会の仕事なので、解散とか議員を辞めさせちゃったら理屈上は二度と選挙が出来なくなってしまうんですよね。そのままの定数で選挙したら違憲なんでしょ?

そしてもし定数を最高裁が定めることになったら、最高裁が国権の最高機関になってしまったりしませんか?

それと最高裁が世論作りに利用されていることを考えたら、よろしくないなぁとは思います

それにしても最高裁に違憲内閣というレッテルを貼って貰わないと選挙に勝てないらしい野党の皆さんには情けなさしか感じないです。何で政策論争できないの?
違憲だとかなんだとかいわずに、他の手段で安倍政権を上回る政策を打ち出すことは出来ないんでしょうか?
そうすれば国民も納得しますよ?
駄目だ駄目だと言って、一回は政権を盗った民主党結局ダメでした
二度は無いでしょうね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151125-00000038-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
大都市の違憲だけがまかり通る社会が平等なんでしょうか?最高裁殿!
posted by ! at 19:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック