2015年11月20日

他人の子を育てる義理は無いもんね>必要に応じて生まれた直後のDNA検査を認めるべきかもしれないhttp://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20151119-00000048-jnn-soci

Yahoo:「大沢樹生さんの訴え認める、「親子ではない」と判決

元・光GENJIで俳優の大沢樹生さん(46)が、「女優の喜多嶋舞さん(43)との間に生まれた長男とは血縁がなく、親子ではない」と訴えた裁判で、東京家庭裁判所は19日、大沢さんの訴えを認め、「法律上の親子関係は存在しない」との判決を言い渡しました。

 「自分の息子と思って、育ててきました」(大沢樹生さん・去年1月)

 去年、大きな話題となった親子を巡る問題。この裁判は俳優の大沢樹生さんが、「自身の長男(18)とは血のつながりがない」として、親子関係が存在しないことの確認を求めたものです。

 大沢さんは1996年、女優の喜多嶋舞さんと結婚。当時、喜多嶋さんは妊娠3か月で、7か月後に長男が誕生しましたが、2005年に離婚しました。その後、大沢さんは長男を引き取り育てていましたが、おととし、『結婚当時、酔った喜多嶋さんが“父親は別の男性”と言っていた』ことを思い出し、実施したというDNA鑑定で、「親子関係は0%との結果が出た」と明らかにしていました。

 「男の子って15、6歳になれば顔かたち、背格好もある程度しっかりしてくる。そこで何か、何か違うなと。今アメリカで頑張ろうとしている彼を心から・・・、応援したく・・・」(大沢樹生さん・去年1月)

 DNA鑑定で血縁がないと分かった父と子。そして、19日午後。東京家裁は判決で大沢さんの訴えを認め、「親子関係は存在しない」と言い渡しました。DNA鑑定の発達で同様の訴訟は全国で起こされていますが、去年、最高裁は「“血縁がないことを理由”に親子関係を取り消すことはできない」との判断を示しています。では、なぜ訴えが認められたのでしょうか。

 『結婚成立から200日が過ぎた後に妻が産んだ子は、夫の子と推定する』という民法の規定。東京家裁は、長男の誕生がちょうど200日目だったことから、DNA鑑定と合わせ『大沢さんの子ではない』と判断したのです。

 「結婚から200日目に、お子さんが生まれているので、200日は経っていなかった。そうすると、嫡出推定が及ばない、推定されない子どもということで、いつでも誰からでも、DNA鑑定でも、親子関係を覆せる。たった1日2日で、子どもの身分や地位が、こんなに変わっていいのかという問題を抱えている判断。(明治時代)当時の統計に基づいて、規定が置かれているのに、この規定を形式的に適用してしまうことに大きな問題がある」(早稲田大学 法学研究科長 棚村政行 教授)

 19日の法廷には大沢さん、喜多嶋さんともに姿を見せず、今のところコメントも出していません。(19日17:27)


ここまでしなければ男の方が救われないのであれば民法に不備は無いでしょ?
なにゆえに他人の子を、騙してまで、育てさせた女の不貞の方が批難されないのかとても不思議ですね

夫婦間で絶対に許されないのは、互いの不貞では無いか?
きちんと夫婦間で出来た子供なら何ら問題は無いが、配偶者では無い相手との間に生まれた子供はとても不幸では無かろうか?そんな不幸な子供が生まれないように不貞を働かないのが正しい人間のあり方だと思いますよ。そうでなければ、この裁判結果によって誰が一番不幸になるのかを考えたら分かろうかと思いますが

一番の悪人はどれか?といえば当然元妻の方ですよね。子供を本当の父親とともに育てていれば何ら問題は起きなかったのに、全く別の男に養育させるとか犬畜生にも劣る所業

聞くところによると親子鑑定、DNA鑑定をするには妻の同意がいるとか
全くの潔癖ならともかく、そうで無いならやはり夫が不幸なので敷居を下げても良いのでは?
赤の他人を育て、後々不幸になるよりは綺麗さっぱり明らかになるようにしたら良いと思います
古くさいと言われようと姦通罪はあった方が良い。ただし以前のような者では無く、夫にも妻にもどちらにも適用されるべきではありますが。相手を裏切ることほど酷いことはありませんよ。他の異性と付き合いたければきちんと離婚をした上で、というのが正しかろうと思います。添い遂げられない惨めさは残りましょうけどね


つらつらと見ていて、元夫が批難されているのは合点がいかなかったなぁ。細かい問題についてはしらんですが、少なくともこの一件に関しては元夫に落ち度はほとんど無いと思いました
むしろ「騙されて」赤の他人を養育させられたのは大きな問題だと思います

ずっと親子関係だったのだから、血のつながりより親子の情があるはずだから、こんな裁判を起こすのもおかしいとありましたけど、
例え親の子の情があるにしても、あくまでも自分の子だと信じてやってきたことが全てひっくり返された以上立ち消えになってもおかしくは無いんじゃ無いでしょうか?当初から赤の他人を子供として育てるという覚悟を持っていたら話は別でしょうけど

あくまでも自分の子供だったはずが、そうでは無かったというのが一番の問題点でしょ?

多くが指摘するように「托卵」をさせられてきたわけですから元妻の責任を強く追及すべきで、
こういう問題が起きにくいようにDNA鑑定実施の敷居を下げるべきだと思いますし
男女共々に適用される姦通罪を制定すべきだろうと思います
人のモラルが下がってきている以上、法でより強く縛るべきでしょう

それに一度契約した以上、契約したまま他のところと契約しようとするのは許されませんでしょ?
いったん正式に解除してから、新たに契約をすべきです
不倫とかありえないです
契約期間中に、他の男と寝て子供が出来たけど、その不倫相手の男の子供として認められないから法が間違っているという昨今のふざけた主張を見ているとモラルはどん底まで墜ちているなぁと感じる次第です
盗人猛々しいという以外になにがありますか?


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20151119-00000048-jnn-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック