2015年11月19日

公的介護がもっと充実していればなぁhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151118-00010002-chibatopi-l12

Yahoo:「足不自由の姉、山に置き去り 震災で自宅全壊「煩わしくなった」 遺棄容疑で63歳逮捕 /千葉

2011年3月の東日本大震災で自宅が全壊し、約1カ月後に同居していた足に障害がある姉を山林に置き去りにしたとして、千葉県警捜査1課と山武署は18日、保護責任者遺棄の疑いで弟の無職、黒川勝雄容疑者(63)=香取市笄島=を逮捕した。黒川容疑者は容疑を認め「体の不自由な姉が煩わしくなった」と供述。姉は置き去り現場近くの川で遺体で発見された。県警は置き去りと死亡の関係を慎重に調べる。

 逮捕容疑は11年4月初旬ごろ、君津市黄和田畑の山林に足に障害がある姉の幸子さん=当時(60)=を連れて行き、置き去りにした疑い。当時、2人は山武市小松で一緒に暮らしていたが、東日本大震災で自宅が全壊し、周辺を転々としていたという。

 山武署が10月9日、横芝光町の神社であったさい銭盗事件で黒川容疑者から事情を聴いていたところ、黒川容疑者が「姉を清澄山近くにある山林に置き去りにした」と供述を始めた。捜査の結果、11年4月19日に置き去りにしたとされる現場から5、600メートル離れた小櫃川で見つかっていた遺体が、身体的特徴から幸子さんと判明した。死亡解剖では水死とみられ、死後2週間から1カ月が経過していた。

 同課によると、黒川容疑者は「住む家がなくなり、体の不自由な姉が煩わしくなって置き去りにした」「タクシーで南房総方面に向かった」「食べ物を置いてきた」などと供述。幸子さんは足が不自由だったが、自力で歩けたとみられ、現場から移動しようとした可能性もあるという。

 同課や山武市によると、黒川容疑者らが当時暮らしていた小松地区は太平洋岸にあり、津波の直撃で家屋倒壊などが続出。同市内で最も大きい被害が出た地区の一つだった。黒川容疑者らは国から支援を受けられる全壊の罹災(りさい)証明書を受けていた上、近くに親族がいたが身を寄せることはなかったという。

 近所の男性は「(黒川容疑者らと)ほとんど付き合いはなく、あいさつをする関係でもなかった。トラブルはなかったが、時折騒ぐ男の声がした。どんな人が住んでいたか、女性がいたかどうかもわからない」と話した。


公的介護が充実し、姉を完全介護の施設に収容することができ、弟の方は何か働く場所が出来ていれば、良かったんでしょうけどね

これじゃ姥捨て山の復活ですねぇ
一人で身体の動かない者を介護するなんて無理ですし、
それを連れて親戚の家を頼るなんてまっとうな感覚を持っていたら出来ない事です
兄弟とかならまだしも、少しでも縁が遠いところになれば簡単には頼りに行けないのでは無いでしょうか?それを踏まえると一人っ子は先々厳しいですねぇ

となれば公的な介護の充実が望まれます。介護にかかり切りでは働くことも出来ず本当に惨めなものになってしまいます。誰でも彼でもでは無く、認知症とか24時間介護が必要な状態の者を収容する施設を国が用意すべきでは無いでしょうか?出なければ介護家族の執る道ははこうやって介護殺人をするか無理心中しか残されないと思いますね

残す方も残された方もすごく辛い思いをしたと思いますよ
この様な悲劇を引き起こさないように介護施設の充実を図って欲しいものです
現在の民間の介護施設も基準を満たしたら公的機関にして欲しいですね。以前述べたように介護は国家事業として、介護職員は公務員として働けるようにすべきです。厳しいですし、儲けのためにするのではありませんから公務員で良いと思うのです

余談ですが
この記事で不思議なのは
姉さんは最近まで生きていたように読めるのですが、その辺はどうなんでしょう?
山中で生き続けた?そもそも記事が時系列を間違ってる?読み込み不足??


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック