2015年11月12日

子育て世帯へは、加えて報奨金などを出すべきでしょうhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151112-00050001-yom-bus_all

Yahoo:「若年層の所得税軽減検討…政府税調の論点整理案

政府税制調査会(首相の諮問機関)が所得税制の抜本改革に向けてまとめた論点整理の原案がわかった。

 論点整理は今後の議論の方向性を決めるものだ。結婚して子どもを産み育てようとする若年層や低所得層の税負担を軽くする、新たな制度の検討を明記している。具体的には、一定の所得まで実質的に所得税の負担をなくす「ゼロ税率」の導入などを挙げた。独仏など海外で導入されている。

 原案は、給料などの個人所得に対する課税について、「所得再分配機能の回復」を目指す考えを強調している。所得が多いほど税負担が重くなる「累進性」を高めて、「低所得層の負担軽減を図っていくことを中心に検討すべきだ」とした。

 具体策として、ゼロ税率のほかに、いったん算出した所得税額から一定額を差し引くことで実際の納税額が少なくなる「税額控除」を例示した。収入から仕事に必要な経費などを差し引く「所得控除」の対象者を制限することも挙げている。


税負担を軽くするどころか、
働く必要が無いくらいの手当を付けても良いんじゃ無いですか?
とはいえ、働かないと身体に怠け癖が付くなどするので、あんまり良くは無いけど

いずれにしても子育て世帯が最優遇されるくらいの政策は必要
マタハラとか論外でしょ?国の将来を支える子供を育てようとしている人をいじめるとか最低でしょう
一番守られるべき立場だと思います

逆に独身貴族を謳歌している連中とか、税金を余計にいただきましょう
同性愛連中は犯罪者のレッテルでも良いくらいです
国にとって何が大事かを考えれば、自ずと分かることですし、生き物として当たり前のことでしょう


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151112-00050001-yom-bus_all


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:所得税 減税
posted by ! at 21:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック