2015年11月11日

見直す必要は無いでしょ>認知症徘徊鉄道事故http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151110-00000053-asahi-soci

Yahoo:「認知症徘徊の列車事故訴訟、二審判決を見直しか 最高裁

認知症で家を出て徘徊(はいかい)中に列車にはねられて死亡した愛知県大府市の男性(当時91)の遺族に対し、JR東海が約720万円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第三小法廷(岡部喜代子裁判長)は10日、当事者の意見を聞く弁論を来年2月2日に開くことを決めた。

 二審の結論を変える際に必要な弁論が開かれることから、男性の妻の監督義務を認めて約360万円の支払いを命じた二審判決が、何らかの形で見直される公算が大きい。弁論を経て、判決は早ければ年度内にも言い渡される。第三小法廷は、責任能力がない人が起こした不法行為に、親族の監督義務がどこまで及ぶのかについて、判断を示すとみられる。

 「要介護度4」と認定されていた男性は2007年12月、徘徊中に愛知県内のJR東海道線共和駅の構内で列車にはねられて死亡した。訴訟では、男性と同居していた事故当時85歳の妻と、横浜市に住む男性の長男の2人に、男性を見守る監督義務があったかが争点となった。

 13年8月の一審・名古屋地裁判決は、男性を見守ることを怠った妻の過失のほか、長男にも監督義務があったと認め、JR東海の請求通り約720万円の支払いを2人に命じた。一方、昨年4月の二審・名古屋高裁判決は、妻の監督義務を認めた上で、賠償額については約360万円に減額した。長男に対する請求は退けた。

 この判決に対し、妻とJR東海の双方が上告していた。


認知症患者を甘く見すぎでしょ?
ろくに判断能力も無いくせに、力とかそこそこあるし、やりたい放題
頭が逝かれているからリミッターも効かずに暴れるから本当に危険。この辺知的障害者も同様だと思いますけど、そんなのを野放しにするのは絶対にダメ。それなりの家族へ責任が問われるのはやむ得ないことと思いますね。縛り付けるなり、それなりの対策をすべきでした

でなければ、相応の責任を問われてもしょうがないと思います

で、国としたら家族に、そういう危険物の介護を家族に任せるのでは無く国で責任もって介護する手段を講じるべきでしょう。介護国債とか発行して、各地に認知症患者のための介護施設を充実させ、家族の負担を減らすべきでは無いですか?というか何をしでかすかわからん連中を家族に任せるなんて気の毒だと思わないのかなぁ。団塊の世代が死に絶えるまでは、そういう認知症患者は多くなる一方です。しかし介護できる家族は少子化のため増える見込みはありません
介護に追われて子作りできないより、家族と介護を切り離して若い世代のための生活環境を良くすることが大事だと思うんですよね

こういう悲劇を減らしたいなら、介護施設の充実を図るべきです
ですんで、今回は見直す必要は無いと思いますよ

JR東海はどう考えても被害者でしか無いです
加害者は事情はどうであれ認知症患者であり、管理者であった家族に責任が及ぶのは当然のことでは無いかと考えますね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151110-00000053-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:認知症 徘徊 鉄道
posted by ! at 20:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック