2015年11月11日

日本を守らないという行動を積極的に推し進める支那の翁長君http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151111-00000084-jij-pol

Yahoo:「翁長沖縄知事、是正指示を拒否=辺野古承認、政府は高裁提訴へ

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり、同県の翁長雄志知事は11日午後、県庁で記者会見し、辺野古沿岸部埋め立て承認の取り消し処分を是正するよう求めた国の指示を拒否することを正式に表明した。
 
 これを受け、政府は地方自治法に基づき、知事に代わって埋め立てを承認する「代執行」に向け、週明けにも高等裁判所に沖縄県を提訴する方針で、両者の対立はいよいよ法廷闘争に移る。提訴後15日以内に口頭弁論が開かれる見通し。
 翁長氏は会見で「一連の政府の対応は地方自治の本旨に照らして極めて不当だ」と批判。辺野古移設阻止の公約実現に全力を挙げる考えを改めて強調した上で、「国の考えに(裁判で)一つ一つ反論したい」と述べ、自ら法廷で陳述することにも意欲を示した。
 これに対し、安倍晋三首相は11日の参院予算委員会で「普天間の危険除去には辺野古(移設)しかない。建設を進めて5年たてば完成する。しっかりと法令に従って作業を進めていきたい」と述べ、移設作業を継続する方針を明確に示した。


国のやり方がおかしいとか汚いとか言っている人がいますけど、
何年も前から基地の移転について話し合っていて、ようやく合意して、さぁ取りかかろうというときに
民主党政権が出来ちゃって、ちゃぶ台がひっくり返されてしまって、とっちらかってしまったのが今の状態
少なくとも米軍が絡む基地移転ですから日本だけの話では無く、日米双方で合意した上での移転計画で、しかも実行間際になってから民主党がひっくり返したわけです
それがまともな行為かどうか考えればわかりそうなものです

国際間の合意をひっくり返すなんて阿呆なことが通るわけ無いのに、基地移転反対のどこにも理は無いわけで、よくもまぁアメリカは我慢しているなぁって思いますし、日本政府も我慢強いですね
強制執行したって良いと思うのですけどね
どうせ反対活動している連中の大半が支那の犬なんですしと思わなくも無いです

それにしても地方自治なんてモノが国の政策より上位に来るなんてあるとは考えられません
国あっての地方でしょ?
万が一沖縄が独立したとして、時をおかずに支那に占領されるだけじゃ無いですか?
国を守る術が無いのですから


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151111-00000084-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック