2015年10月27日

フィリピンの主権はどこへ行ってしまったんだろう?>支那が盗んだようですhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151027-00000078-jij-cn

Yahoo:「中国、米艦に対抗措置=「追尾・警告」を実施―南シナ海の人工島沖進入

南シナ海・南沙(英語名スプラトリー)諸島で中国がスービ(中国名・渚碧)礁などに造成した人工島から12カイリ(約22キロ)以内に米海軍のイージス駆逐艦「ラッセン」が入ったことを受け、中国外務省の陸慷報道局長は27日、談話を発表、「中国の関係部門が法に基づき、米艦を監視し、追尾し、警告した」と対抗措置を取ったと明らかにした。
 その上で「米艦の行動は中国の主権、安全への脅威であり、地域の平和と安定を損なう」と批判し、「強烈な不満と断固たる反対」を表明した。
 ラッセンは現地時間の27日午前(日本時間同)に進入し、米CNNテレビによると、この日のうちに作戦を終了した。米軍は引き続き派遣を繰り返す構えとみられ、南シナ海を舞台にした米中関係緊迫化は必至だ。中国側は米国に強い抗議を申し入れた。
 陸局長は、米艦が「中国政府の承諾なしに違法に中国の島・岩礁の近海に進入した」と非難。一方、人工島造成についても「自国領土内で行っている建設活動は主権の範囲内だ」と主張した。
 スービ礁は中国による埋め立て工事前は満潮時に水没する暗礁だった。こうしたスービ礁などに建設した人工島は主権の及ぶ「領海」を構成しないとする米国の主張に真っ向から反論している。
 陸局長は建設活動について「特定の国家を標的にしておらず、航行・飛行の自由に影響を及ぼさない」と改めて正当性を強調。米国こそが「航行の自由」を名目にして、「中国の主権と安全を損なっている」と強く批判した。
 さらに「中国は領土主権と安全、合法で正当な海洋権益を断固守る。挑発をたくらむいかなる国家にも断固対応し、海空の状況への厳密な監視を継続し、あらゆる必要な措置を取る」と警告。今後も主権維持に向けた対抗措置を続ける考えを示し、米側をけん制した。
 また「中国の抗議に真剣に対応し、過ちを直ちに正して、中国の主権と安全に脅かすいかなる挑発行為もやめるべきだ」と米国に要求。南シナ海の領有権争いで中立的な立場を維持するよう訴えた。
 中国が実効支配する南シナ海の岩礁から12カイリ以内への米艦進入は2012年以来。中国は昨年以降、岩礁の埋め立てと施設建設を加速させている。ラッセンは神奈川県横須賀市の米海軍横須賀基地を拠点とする。
 

こういうのを盗人猛々しいというのですね
もちろん盗人は言うまでも無く支那ですが

支那という国がこういう国だということを世界は知るべきだし
米軍の動きが、そのことを知らせるための一躍を担うことになるだろうと思います
もちろんロシアとか、日本共産党あたりは支那に同調するだろうと思いますけどね(笑)

南沙諸島(スプラトリー諸島)は一応はフィリピンの領土なんですけどね
そのことに触れない時事通信も大したものだとは思いますが(笑)


何にせよ、支那という国は平気で他国の領土を奪うし
他国からそのことを言われれば開き直って武力を使うことも辞さない下劣な国だってコトです

そんな国からの観光客を諸手を挙げて歓迎する日本って、ものすごくバカだと思います


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151027-00000078-jij-cn


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(橋下徹とか) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック