2015年10月05日

いろいろ見方はあるようですが、>TSUTAYA図書館建設問題http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151005-00000003-mai-soci

Yahoo:「<小牧市住民投票>新図書館に反対多数…計画見直しへ」

愛知県小牧市が進める新図書館計画への賛否を問う住民投票が4日あり、計画反対票が3万2352票と、賛成の2万4981票を上回った。同日の市議選と合わせて実施され、投票率は50・38%。同市での住民投票は初めてで、住民投票条例で市長、市議会は投票結果を尊重すると定めている。

 計画で市はレンタル大手「TSUTAYA(ツタヤ)」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)などと連携。名鉄小牧駅前に約42億円で鉄筋3階建ての建物を建設する。

 市は当初、図書館を既存の商業施設内に建設する計画だったが、昨年、ツタヤによる運営方式に変更。市民団体「小牧の図書館を考える会」(渡辺育代共同代表)は「市民無視の計画」と反発し、住民投票条例の制定を求めて今年8月、5713人の署名を添え、直接請求した。市議会は先月10日、この条例案は否決したが、議員提出の住民投票条例を可決した。

 記者会見した「考える会」の渡辺共同代表は「市民の意見を聴いていなかった結果だ。運営を民間に丸投げする問題や、コストも市民感覚に合わなかった。今後、市長や議員が市民の声を聴くのか見ていく」と話した。

 山下史守朗市長は「結果については真摯(しんし)に受け止めたい。その上で、現計画が具体的にどう問題だったのか市民も交えて検証し、必要に応じて見直したい」と述べた。


TSUTAYAを税金で出店させるようなものというご意見を見て、それももっともだと思いました
公立の図書館をきちんと作る方が良いに決まっています

TSUTAYAによる惨状はすでに武雄市、海老名市とあるわけですから、何で二の舞になろうとするのかわかりませんね
一応住民投票で反対と出たので、議会の方でも反対となるか、撤回となることを期待しますよ
もっとも維新の党のように民意は大事と言いつつも、住民投票で否決された都構想をやり直すという事例もありますので油断大敵ですね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151005-00000003-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック