2015年09月30日

限られたキャパシティの中で、独占はまずいでしょ>保育所待機問題http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150930-00000067-jnn-soci

Yahoo:「所沢市の育休退園問題、退園認めない初の決定

埼玉県所沢市で下の子が生まれた親が育児休業を取得した場合、保育園に預けている上の子どもを退園させる制度をめぐって、さいたま地裁は29日付けで今月から退園となった3歳の女の子について退園の停止を認める決定を出しました。これによってこの女の子は10月1日から再び保育園に通えるということです。

 さいたま地裁は退園を決めるにあたって、所沢市が法律に定められた聴き取り手続きを親に行っていなかった点について「違法であると認められる余地がある」などとしています。

 別の親たちが起こした同様の裁判では今年7月、同じさいたま地裁で申し立てが却下されていて、退園を認めないとする司法判断が出たのはこれが初めてです。

 所沢市は「市として決定文をいただいておりませんので何とも申し上げることができません」とコメントしています。


一部の母親が保育所に子供を預けられる権利を独占しちゃまずいでしょ
育休が取れているなら、何とかやりくりして、他の困っている母親を助けようって事にはならないのかな?

もっと困っている人もいるかもしれないから、場所を空けようって事にならないで裁判で権利を維持させようっていう風になるのはなんだかさもしいなぁと思います


もっとも母親が、子供を赤の他人に預けて働かないとならない現代社会も間違っているし
イクメンとか阿呆なことを言わないと父親として子育てに関われない企業風土もおかしいんですよね
働く時間を軽減させて、子育てに関われるようにしろよって思いますね
働かなくても、子供を育て社会に送り出すことが一番の貢献って事にならない社会はものすごく異常


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150930-00000067-jnn-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック