2015年09月26日

五月蠅いと感じる人がいるのはどうしようも無いんだがhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150926-00000043-asahi-soci

Yahoo:「保育園児の声は騒音?…35%が「同感」 厚労省調査

保育園児の声を「騒音」と思うことに35%の人が同感である――。厚生労働省の調査で、こんな結果が出た。待機児童解消へ都市部を中心に保育所の整備は急務だが、近隣住民の理解を得ることも一定の壁となりそうだ。近く閣議決定される2015年版の厚生労働白書に盛り込まれる。

 調査は人口減少に関する意識を探る目的で、3月にインターネットで実施。3千人から回答を得た。

 保育園児の声を騒音のように思い、保育所の立地に反対する住民の立場に同感できるか尋ねたところ、「ある程度」が29・7%、「とても」が5・4%で、計35・1%が同感だった。逆に「全く同感できない」は26・4%、「あまりできない」は38・5%で、同感できない人は64・9%だった。

 回答者を地域活動への参加機会から見ると、「参加していない」という人は38・9%が反対の立場に同感だとする一方、「月1日程度以上参加している」人は26・0%と低くなった。


子供の声なんだから五月蠅いって感じるのはおかしいっていわれても五月蠅いと思う人にとっては騒音でしか無いんだし、こればっかりはどうしようも無いと思いますねぇ

先ほどの猫の糞尿もそうですけど、受け入れられない人にとってはどうにもならないわけで
そんなら、どういう風に共存するべきかって事になろうかとは思います

そこで防音壁や、そういう設備を揃えるしか無いかもしれませんねぇ
許容範囲を広げてと思わなくも無いのですが

毎日の生活の中で騒がれたら、耐えられないのも無理は無いって事になるでしょ?
空港の騒音とかと同じなんですし
意味があって存在することを踏まえたら、どこかで妥協するしか無いんです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150926-00000043-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック