2015年09月22日

NATOに関わってる国はhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150922-00000000-mai-pol

Yahoo:「<沖縄知事>国連人権理事会演説「辺野古を世界の関心事に」

沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事は21日、スイス・ジュネーブでの国連人権理事会で登壇し、県民の多数が反対する米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設が日米両政府によって進められている現状について「沖縄の人々の自己決定権がないがしろにされている状況を、世界中から関心をもって見てほしい」と訴えた。英語で2分間、演説した。日本の都道府県知事が国連人権理事会で演説するのは初めて。

 翁長知事は「沖縄県内の基地は、第二次大戦後、米軍に強制接収されたもので、私たちが自ら望んで土地を提供したものではない」と説明。そのうえで、日本の国土の0.6%の沖縄に、在日米軍専用施設の74%が存在することや、米軍に関連する事件、事故などが続いている現状に触れて「自国民の自由、平等、人権、民主主義を守れない国が、世界の国々と価値観を共有できるのか」と訴えた。

 さらに、昨年11月の沖縄県知事選などで住民の多数が基地の県内移設に反対の意思を示していることについて「日本政府は民意を一顧だにせず、建設作業を強行しようとしている。私は、あらゆる手段を使って新基地建設を止める覚悟だ」と述べた。

 翁長知事は、人権理事会に先立って開かれたNGO主催のシンポジウムでも講演。沖縄が独自の言語、文化を持つ独立国だった点を説明し、1879年に日本の一部となった琉球処分や、戦後の米軍基地建設など、「自己決定権が侵害された」歴史への理解を求めた。また、沖縄の米軍基地移設問題の当事者である米側が「日本の国内問題」ととらえる姿勢があるとし、「日本と米国の民主主義はどうなっているのか」と批判した。米記者から米政府へのメッセージを尋ねられた知事は「米基地は沖縄本島の面積の18%を占め、米政府は当事者だ。国連人権理事会で理解されることで、米政府も動いてくれるだろう」と述べた。また、知事は既に表明した辺野古沿岸部の埋め立て承認の取り消しについて米記者に進捗(しんちょく)状況を質問され「法廷闘争の準備に取りかかっている」と答えた。
          ◇
 演説後、報道陣の取材に応じた翁長知事は「今日まで話してきたエキスをしっかり2分間で伝えられたので良かった。これから辺野古で強引に工事が進む可能性があるので、世界中の人が日本と米国の民主主義にぜひ目を向け、それぞれ発信してもらいたい」と語った。

 また日本政府の代表者が知事の発言を受け理事会で発言。「日本政府にとって一番大切なことは、安全保障環境が悪化する中、国民の安全を守ることだ。辺野古への移設は米軍の存在による抑止力を維持し、住宅密集地にある普天間飛行場のリスクを取り除く唯一の道だ。今後も継続して理解を得られるよう説明する」と語った。


NATOに関わっている国なら、普通に米軍に基地を提供するとか
もしくは自国防衛のために基地が存在しているわけで

こういう主張する輩はいても、あくまでも反政府運動になっているととらえられて
かえって迷惑がられているのでは?

逆にアメリカと対立する支那や北朝鮮やロシアなどには歓迎されるかもしれませんが

この見方が正しいとするなら世界秩序の維持に反発する阿呆を地方自治体の首長として日本は送り出したことになりますし、というか反政府運動のボスを首長に据えているという点ではとても恥ずかしいことでは無いのかなぁと思います

民主主義とはいっても、国が存在してこその民主主義
国を守ることに反発し、亡国を主張するような連中が民主主義を語るのはちゃんちゃらおかしいです
あくまで国を維持することで一致したもの同士でなければ民主主義は存在し得ないんじゃ無いかなぁ
国を維持発展させようとするものと、国を無くそうとするもので意見が一致するわけ無いですから
そのまま行けば国を割るしか無い争いでしか無いですね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150922-00000000-mai-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック