2015年09月22日

この特別扱い、本当に良かったのかな?http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150922-00000735-fnn-int

Yahoo:「転ばされたシリア難民の親子、C・ロナウド選手とまさかの対面

ハンガリーで、女性カメラマンに足をかけられた難民の親子が、スターとまさかの対面を果たした。
レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウド選手と、笑顔で写真を撮る親子は、9月8日、ハンガリーで、女性カメラマンにわざと足をかけられ、転ばされたシリア難民の親子。
世界中が、この親子に注目する中、父親が、シリアでサッカーの監督をしていたことを知ったスペインのサッカーコーチ養成学校が、この父親に仕事をオファー。
その後、レアル・マドリードが親子を試合に招待し、今回の対面が実現した。
今後、学校は、トルコにいる残りの家族も、マドリードに呼ぶ予定だという。


同じように困っているいる人がいる中、この家族だけがいい目を見てしまったら他の難民はどうなるのかな?

残りの家族も呼ぶとかいいますけど、芋づる式にずるずる増えやしませんか?大丈夫かな?
その全てを支えきれるのかな?

良いことをしたようで、あまり良いことのようには感じられません








http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150922-00000735-fnn-int


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:シリア 難民
posted by ! at 19:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック