2015年09月04日

実際どうなのよ?子宮頸がんワクチンの効能http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150904-00000042-asahi-soci

Yahoo:「子宮頸がんワクチン被害救済、定期接種前も 厚労省方針

子宮頸(けい)がんワクチンの接種後に健康被害を訴える女性が相次いでいる問題で、厚生労働省は、今秋にも救済策を拡大する方針を固めた。法律に基づく定期接種になる前に接種を受けた人にも、定期接種と同じ水準の医療費の支給を検討している。

 ただ救済の対象になるには、接種との一定程度の因果関係が厚労省に認められる必要があり、どれだけ広がるかが課題となる。

 子宮頸がんワクチンは、患者団体や学会などからの要望を受け、国が特例的に2010年11月から接種費の公費助成を始めた。13年4月に予防接種法に基づいて市町村が実施する定期接種となったが、体の痛みやけいれん、歩行障害などの健康被害の報告が続き、2カ月後に厚労省は積極的な推奨を中止した。

 厚労省によると、接種の対象は原則小学6年〜高校1年の女子で、これまでに接種を受けたのは約340万人。このうち、定期接種前が9割以上を占める。健康被害は約2500人分が報告され、ほとんどが定期接種前という。報告のうち重症は4分の1。

 ワクチン接種によって健康被害に遭った場合、定期接種とそれ以外では救済制度が異なっている。定期接種では通院、入院を問わず、かかった医療費の自己負担分が支給される。一方、定期接種ではない場合は、医療費は入院相当に限られ、通院治療でかかる費用は出ない。

 医療費とは別に、定額の医療手当が定期接種では通院でも月3万4千〜3万6千円支給されるが、定期接種以外では入院相当しか出ない。このため、「不公平」との指摘もあった。


癌を防ぐためにやったほうがよいという人もいるし、
ワクチン接種の危険性を訴える人もいます
どっちなんでしょうかね?

実際そこそこ?被害者も出ているようですし、よくわからんですねぇ
癌になるよりワクチン被害の方がマシというレベル?
ワクチン接種で子が出来ないとかいう被害が出たら、これは問題だと思いますけど、流石に聞いたことがないですが・・・

関係者の人はとにかく研究して貰って、ワクチン接種の被害が減るように努力して欲しいと思います
予防接種で癌が防げるなら、それはそれで大きい意味がありますんで


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150904-00000042-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック