2015年09月01日

他国の文化へケチをつける連中の入国を何で認めるのですか?>大地町イルカ漁解禁http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150901-00000022-jij-soci

Yahoo:「イルカ追い込み漁解禁=悪天候で中止、反対派の姿も―和歌山

和歌山県太地町で1日、イルカや小型のクジラを湾に追い込んで捕獲する「追い込み漁」が解禁された。
 初日は悪天候のため漁は行われなかったが、漁港では夜明けごろ、抗議のため訪れたグループの姿が見られた。
 追い込み漁は、漁船から大きな音を出してイルカの群れを湾に追い込む伝統的な漁法。国際捕鯨委員会(IWC)の規制対象になっておらず、県知事の許可を得てイルカは来年2月末まで、クジラは同4月末まで漁が続けられる。捕獲したイルカなどは食用のほか、海外などの水族館にも販売される。


生きるために食べる範囲であれば何ら問題は無いでしょ?
なんで文句を言ったり妨害をする連中が現れるのか?
食べるために殺すということであれば、イルカもクジラも牛も豚も何もかも同じでしょ?
かわいそうだから止めろと言うこと自体が、生きて食べるという事への冒涜だと思いますね
どう考えても日本民族への侮辱ととらえる他はないでしょう
そんな連中の入国を認めてしまう、入国行政の甘さ

何でも日本への反対活動をしている外人は一括して入国を認めない、強制退去と法を書き換えるべきだ

食べるために殺すなというのはただの思い上がり
生きている限り、他の生命のお世話になるのです
菜食主義だって、植物を殺すことには変わりないでしょ?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150901-00000022-jij-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:35| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック