2015年08月28日

で、1500億円っていう額が高いのか安いのか妥当なのか?http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150828-00000039-nnn-soci

Yahoo:「空調設備見送りも「入れた方がいい」下村氏

2020年、東京オリンピック・パラリンピック大会のメーン会場となる新国立競技場について、政府は建設費の上限を1550億円とする新しい整備計画を明らかにした。

 安倍首相「工事費について、従来の案より1000億円以上削減し、大幅なコスト抑制を達成することができました」

 建設費が2651億円に膨れあがったことから、計画の見直しが行われていた新国立競技場について、政府は28日、建設費の上限を1550億円とする新しい整備計画をまとめた。

 暑さ対策として検討していた空調設備の設置を利用頻度や効果の低さなどから見送ったことで、約100億円のコスト削減になった。

 また、座席数については6万8000人規模とする一方で、大会後は、トラックの上に席を増やせるようにし、サッカーワールドカップの開催規定の8万席にも対応するという。

 完成時期については、2020年4月末としているが、IOC(=国際オリンピック委員会)の要請を踏まえ、業者の公募の際には1月末までに完成させる技術提案を求めていく方針。

 一方、空調設備の必要性を訴えていた下村文科相は「冷房は入れた方が望ましいと思います」と述べた。さらに、「あと5年あるので冷房に代わる創意工夫をする余地はあると思う」と話した。

 政府は来月1日から業者の公募手続きを始める。


いわゆる庶民感覚からすれば、確かに途方もない額ですけども
実際にそれを建てるためにかかるのかもしれないし、その辺は実際どうなんでしょう?
庶民にわかるわけ無いですからね

でも、おそらくは人件費がかなり高く見積もられているような気がします
建築関係者が減っているし、きつい仕事なら高い給料を払わないと来てくれないだろうし
そもそも工期が押し迫っている工事なのが明白なのですから高めになっている可能性はあるのでは?

その辺は公共事業を悪として、建築工事関係者を迫害してきた結果ですから、ある意味国民にとって自業自得の部分はあるのではないかと自分は思いますね

もし的外れの予想なら、それはそれで恥ずかしい内容ですが(笑)


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150828-00000039-nnn-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック