2015年08月13日

危ないなら那覇空港なども撤去しましょうhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150812-00000068-mai-soci

Yahoo:「<米軍ヘリ墜落>沖縄沖で着艦に失敗、6人負傷

12日午後1時45分ごろ、沖縄県うるま市の伊計島の南東約14キロの沖合で、米軍のヘリコプター1機が墜落した。第11管区海上保安本部(那覇市)や在日米軍などによると、米陸軍所属の中型多目的ヘリコプターH60で、海上にいた米軍の車両貨物輸送艦への着艦に失敗した。乗組員は17人で、6人が負傷して沖縄本島の米海軍病院に運ばれた。

 防衛省によると、負傷者の2人は、陸上自衛隊中央即応集団の40歳と33歳の隊員2人で、ともに2等陸曹。1人が骨折の疑い、もう1人もけがをした。2人は米陸軍の部隊研修中で、米軍ヘリに同乗していた。

 米軍は午後3時ごろ、11管に救助要請。11管は巡視船4隻やヘリコプター2機で捜索した。その後、米軍は救助要請を取り下げたが、11管は米輸送艦の船上に機体後部が損壊した米軍ヘリコプターがあるのを確認した。付近の海上に漂流物や油の流出は確認されなかった。米軍によると、ヘリは訓練中だった。

 沖縄県によると、米軍の墜落事故は1972年の本土復帰以降、これまで45件起きている。2004年8月13日には宜野湾市の沖縄国際大構内に米海兵隊の大型輸送ヘリCH53Dが墜落。13年8月には宜野座村の米軍キャンプハンセン内の山林に米空軍の救難用ヘリHH60が墜落し、乗組員1人が死亡している。

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題を巡る協議で沖縄を訪れていた菅義偉官房長官は12日、那覇市で記者団に対し「事故は極めて遺憾。米側に迅速な情報提供と原因究明、再発防止策を強く申し入れた」と語った。【鈴木一生、門田陽介、佐藤敬一】


町中に落ちたのでは無く、海に落ちたのに
過剰な反応
まして負傷した米兵を見舞う言葉も無かったようで、人間性が無いなぁと情けなく思います

そして、航空機が落ちることをそこまで懸念するなら那覇空港なども撤去したら良いと思いませんか?
危ないと思われるものを全部撤去するようにしたら良いと思いますよ
そのくらい低レベルな返ししか思いつけないくらい沖縄県知事の程度の低さを憂いますね

米軍だけにここまで嫌がらせのようにイヤなことをいう連中ってクズ過ぎてイヤですねぇ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150812-00000068-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック