2015年08月11日

こんなキチガイが総理をやっていたんですね!>菅直人http://www.sankei.com/west/news/150811/wst1508110039-n1.html

産経新聞:「緊迫のゲート前に菅直人元首相「亡国の政権だ!」 反対派VS警察、にらみ合い3時間

再稼働した九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県薩摩川内市)のゲート前では、11日早朝から原発反対派数百人が反対集会を開催。菅直人元首相も駆けつけ「再稼働に踏み切った安倍政権は亡国の政権だ」とマイクを手に気勢を上げた。厳重な警備態勢を敷く県警と反対派がにらみ合いとなり、周囲は緊迫した空気に包まれた。

「福島を忘れたのか」…太鼓を鳴らし「東日本大震災の月命日だ」

 強い日差しが照りつけたゲート前。再稼働を控え、原発再稼働に反対する市民らは午前7時前から貸し切りのシャトルバスやレンタカーに乗り込んで続々と集結した。県警もゲート前だけで数百人規模の人員を配備し、付近で繰り返し検問を実施するなど厳重に取り締まりにあたった。

 反対派はゲート前に座り込み、「福島のことを忘れたのか」「制御棒を抜くな」などと太鼓を打ち鳴らしながら絶叫。「今日は東日本大震災の月命日。こんな日に再稼働をする九電の見識はとんでもない」などとまくし立てた。

 さらに、市民団体の車がゲートの入り口をふさぐように停車。警察側が「直ちに移動しなさい 川内警察署長」と書いた紙を掲げながら説得にあたったが、団体側は反発し、3時間あまりにわたってにらみあいが続いた。

午前10時すぎからは菅元首相が演説。「川内原発の再稼働をやっぱりやめようとなるなら大嫌いな安倍総理に拍手をしたいが、そうはならないだろう。許されない」とし、九電への批判もそこそこに政権批判を繰り返した。


やっぱりこいつは政治家では無くて
プロ市民であり、扇動家であり、国の有り様について真剣に考えることが出来ないクズでしか無いって事ですね
本質的にテロリストって事ですな

政治家としての責任は、国民生活を安定させることでしょ?
福島県などでの震災はそりゃ酷いものだと思いますけど、根本的な原発の欠陥での事故では無く、大津波が原因での事故。その証拠に女川の原発は無事だったわけですから。これを無視して原発は何が何でもダメとは政治家は言えるわけない

逆に安定的に潤沢に電気を供給する責任が政治家にはあると思います
故に原発再稼働を決断せざるを得ない。そういうギリギリの判断を菅は出来ないんでしょうな
やれることは安全な場所からの煽動だけだもの

実際総理時代にやったのは東電に口を出して、余計な事故を起こさせたわけでしょ?
菅って、その責任について何か語りましたか?

それに震災が無ければ、外人からの献金問題で早晩辞職しなければならなかったし、つまり政治家として一番やってはいけないことをやっていたのですから、それがうやむやになって生きながらえているのですからね、キチガイといっても過言じゃ無いと思ってます
安倍政権や九電にあれこれいう前に、自分の後始末をキチンとすべきでしょう


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック