2015年08月05日

少年法はなんとかならんの?>こういう凶悪事件がある度にそう思うhttp://www.sankei.com/west/news/150805/wst1508050022-n1.html

産経新聞:「「お母さんいつも、ありがとう」暴行死の被害者の母、無念の思いを吐露

「犯人は絶対に許せない。ゲームプログラマーという目標を見つけて頑張っていた矢先に、こんなことになるなんて…」。 大阪府河内長野市の公園で6月、専門学校生の工藤勇人さん(19)が暴行を受け死亡した事件で、4日に取材に応じた工藤さんの母親(55)は、そう言って言葉を詰まらせた。

 「お母さん、いつもありがとう」。家族と夕食のテーブルを囲むとき、工藤さんは照れくさそうにつぶやいたという。ゲームやパソコンが好きな優しく、おとなしい性格。逮捕された2人は高校2年のころから頻繁に自宅を訪ね、母親が留守だと伝えても何度もインターホンを鳴らし、家の周りをうろついたという。

 工藤さんはその年の秋、学校を休みがちになった。ただ両親にいじめを打ち明けることはなく、母親は「不登校には気付かなかった」という。高校の制服を着て毎朝家を出ていたからだ。しかし、実際は両親が出勤すると自宅に戻っていた。母親は「親に心配させまいと思ったのかもしれない」と振り返る。

 「もう、学校に行くのは無理だ」。高校3年の5月に初めて母親に打ち明け、秋に通信制の別の高校に編入した。このころになると笑顔で「ゲームのプログラマーになりたい」と夢を語り、ゲーム関係の専門学校に進学を果たした。

 2人から逃れようと、スマートフォンを着信拒否したり居留守を使ったりして距離を置こうとした。だが2人の呼び出しは続き、暴行がやむことはなかった。母親は声を振り絞るようにこう語った。

 「2人は勇人の友達だと思っていた。まさかあの子たちがいじめているとは思わなかった。全てが絶たれてしまった」


あと何人くらい子供達が殺されたら少年法が改まりますか?

そんな感じです
こいつらを名前は出ないし、たぶんおそらく間違いなく普通に世の中に戻っていくんでしょ?
大した罰を食らうこと無く
そんなことが許されて良いのかなって何度もこの手の事件が起きる度に思いました

死んだ命は戻りません
殺した側はのうのうと生きながらえてる
変です
殺したなら、同等の罰を食らうべきです
つまり死刑しか無いでしょ?
年齢とか、性別とか障害の有無とかそんなこと関係ありません
やったことと同等の罰を受けさせるようになっていって欲しいものです


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:少年法
posted by ! at 20:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人権とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック