2015年08月05日

代理出産、精子卵子のやりとりを認めない方向で願いますよ>そんなもの不妊治療じゃないし、正当な親子じゃ無いからhttp://www.sankei.com/life/news/150805/lif1508050022-n1.html



産経新聞:「「産んだ女性が母」法制化へ 自民党部会 今国会で提出めざす

卵子提供など第三者がかかわる生殖医療の法制化について検討する自民党の法務、厚生労働合同部会は5日、卵子提供や代理出産で生まれた子供の母親を産んだ女性と規定する民法の特例法案を了承した。今国会での提出を目指す。法制化の検討作業をしてきたプロジェクトチーム(PT)の古川俊治座長は「ようやく一歩を踏み出せた。この法案を発射台に、(生殖医療のルールを定める)次の法案についても議論を進めたい」と述べた。

 法案は精子、卵子提供、代理出産が行われた場合の親子関係について定めるもので、卵子提供、代理出産では出産した女性が子供の母親であると規定。妻が夫の同意を得て第三者から精子提供を受けた場合は、夫は自分の子供であることを否認できないとした。

 国内では、精子提供による子供が1万人以上生まれているとされる。卵子提供についても、民間の卵子バンクが7月、2人の匿名ボランティアから卵子提供を受け、受精卵を作製したことを発表。代理出産をめぐっては、タレントの向井亜紀さんと高田延彦さん夫婦が親子関係を裁判で争うなど、医療の進歩に対し法律が追いついていない。

PTは卵子提供や代理出産を認めるかどうかを含めた生殖医療のルールの法制化に向け、議論を進めている。しかし、精子、卵子提供はすでに行われており、子供の福祉のために親子関係を規定する法律を先行させる必要があると判断。まずは民法が想定していない親子関係を確定させ、2年以内に生殖医療ルールについても法案提出をめざす。


代理出産は産んだ人が母親というなら、本当の親子になれないという点
同意して精子提供を受けてしまったら、夫は否認できなくなるという点で
ブレーキがかかるかなとちょっと思いましたけど
やっぱりこういうのは生殖医療として大いに問題ありだと思いますので禁止できないのかなと考えますね

代理出産は夫と妻の精子卵子を組み合わせていれば遺伝子上では親子かもしれませんが他人の身体を利用する時点で大いに問題あり、結局女性を産む機械として使っているわけですから倫理上ダメでしょ?

夫婦じゃ無い精子卵子を使えば、いくら親子として振る舞っていても、いずれ子は本当の親を探さないとならないけど、実の親が名乗り出なければそれは子にものすごく精神的負担をかけることになるわけですから、これも大いに倫理的に問題あり

子が欲しいというのは切実なものであっても、肉体的負担、精神的負担を考えたら今の生殖医療行為は人間のやって良い範囲を大いに超えてしまっていて、よろしくない状態では無いかと思います
科学に溺れてやしないか?

生命を扱う問題だけに、そろそろブレーキをかけた方が良いように思います
ダメにしましょうよ


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命に関わる問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック