2015年08月04日

ようやく稼働ですね>レベル4研究施設http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150803-00000019-mai-soci

Yahoo:「<国立感染研>レベル4施設、稼働へ…国と武蔵村山市が合意

住民の反対で完成から34年間使用を見合わせてきた国立感染症研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市)の危険度の高い病原体を扱う「バイオセーフティーレベル4(BSL4)施設」について、塩崎恭久厚生労働相と武蔵村山市の藤野勝市長は3日午前、市役所で会談し、施設稼働で合意した。塩崎厚労相は近く、世界保健機関(WHO)の基準で最も危険と分類されるBSL4の病原体を研究できる国内初の施設として指定する。西アフリカで昨年、BSL4の一つ、エボラ出血熱が流行し、国内発生が懸念されたため、厚労省と武蔵村山市が住民らを交えて今年1月に施設稼働の協議を始めていた。

【写真特集】国立感染研にレベル4施設

 塩崎厚労相と藤野市長は、市民の安全、安心の確保を最優先に運営する▽必要な診断や治療などに特化する▽国は住民らが参加する協議会で施設の使用状況を報告する▽同市以外でもBSL4施設の確保を検討する−−の4項目を条件に稼働に合意した。合意後、塩崎厚労相は「危機管理に関する懸案を解決できたことに心から感謝したい」と述べ、藤野市長は「稼働はやむを得ないと判断した。安全対策に万全を期すよう改めて要望した」と話した。

 住民の同意について、藤野市長は「これまでの協議で一定の理解が得られたと思っている」と話すが、稼働に反対する住民もいるため、厚労省は「今後も住民とコミュニケーションをとりたい」としている。

 施設は1981年に完成したが、周辺に住宅地や学校があることなどから市や住民の反対が根強く、危険度が一つ低い病原体を扱うBSL3施設として運用してきた。このため国内でエボラ熱が発生しても、患者の血液にエボラウイルスが存在しているかどうかを確かめる検査しかできず、ウイルスを取り出して培養し、診断や治療に役立てることはできなかった。

 BSL4施設は村山庁舎の他に理化学研究所バイオリソースセンター(茨城県つくば市)にも84年に整備されたが、住民の反対でBSL4施設として使われたことはない。長崎大が今年6月、同施設を整備する基本協定を長崎県、長崎市と結び開設準備を進めている。【古関俊樹、賀川智子】

 ◇BSL4(バイオセーフティーレベル4)施設◇

 病原体の危険度に応じて世界保健機関(WHO)が定めた4段階の基準で最も危険度の高いウイルスなどを、封じ込めて安全に取り扱うための実験施設。病原体が外部に漏れないよう、外気より低い気圧に保たれた実験室があり、排気も高機能フィルターで二重に処理される。日本では感染症法に基づき、エボラウイルスなど6種類のウイルスが対象。


何かあれば守ってくれないとか文句を言うくせに、そのための研究施設を使わせなかったりするから本当に困りものですね

もちろんそのためには研究者は厳重に厳重に病原体が外に漏れないようにしなければならないとは思いますがね

とにかくやらなければ対策を打てないので、これで少しでも研究が進められて、凶悪な病原体への対策が打てるようになっていって欲しいです



そういうのを受け入れるのも住民としての責任ですね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150803-00000019-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック