2015年07月30日

もっと困っている人を助けるのが行政の役割でしょ?>育休退園http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150729-00000001-san-l11

Yahoo:「「育休退園」仮差し止め却下 原告側「不当な決定」 埼玉

所沢市の「育休退園」問題で、退園の仮差し止めを求めた母親らの申し立てに対し、さいたま地裁が下した決定は申し立てを認めない却下だった。28日に会見した原告側の代理人弁護士は「不当な決定」と批判し、9月に第1回口頭弁論が行われる本裁判の行政訴訟で市の運用差し止めを求めていく方針だ。

 地裁決定は、市が育休退園の運用開始後の6月、原告側の求めで保育園の利用継続事由に「家庭の保育環境などを考慮」する規則を追加したことを評価。限定されていた利用継続事由が「かなり緩和された」と指摘し、「(同規則が)適正に適用される限り、法の趣旨に反する事態は生じない」と違法性を否定。その上で市に対し、適正な運用を求める注文を付けた。

 決定について、代理人弁護士は「市への注文は異例」と指摘した上で、「市の対応はルールを少しずつ積み木するその場しのぎのものだ。市長を信頼することを前提とした裁判所の議論は疑問を禁じ得ない」と批判した。これに対し、市側は藤本正人市長が「市の主張が認められたと考える。今後も適正な運用に努める」とのコメントを発表した。


保育園を利用しなければならない切羽詰まった事情を持つ家庭は数多くあると思うのです
しかし保育園の数は限られるわけで
そんな中育休を取れたなら、他のもっと困った人にゆずるのが筋では無いかと思いました
どう見ても市の方が理にかなってますし、母親サイドは身勝手でわがままに見えます
限られたリソースは分かち合わないと破綻しますがな


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150729-00000001-san-l11


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:育休 保育園 退園
posted by ! at 21:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック