2015年07月30日

遺族の人たちは、捜索隊に土下座してお願いしたのかな?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150729-00000005-mai-soci

Yahoo:「<御嶽山>山頂付近で9カ月ぶり捜索再開

昨年9月に噴火し死者57人、行方不明者6人と戦後最悪の火山災害となった御嶽山(長野・岐阜県境、3067メートル)で、行方不明者の捜索が29日朝、9カ月ぶりに再開された。だが山頂付近にガスがかかってきたため、正午ごろにこの日の捜索は打ち切られ、不明者発見には至らなかった。

 長野県災害対策本部によると、重点捜索箇所は剣ケ峰、登山道・八丁ダルミ、一ノ池から二ノ池など山頂周辺。金属探知機やドローンなども投入する。捜索には両県警や消防の計約400人を動員する。


気の毒は気の毒だと思いますけど
登山にしてもなんにしても非日常の場での事故などは、自己責任だと思います
遺体が戻らなくても、どうにもならないことではないでしょうか?
そういう覚悟が無く安易に山や海に行くのは止めて欲しい
戻れるに越したことは無いとは思いはしますが・・・

それから、捜索隊にしっかりお願いされたのかな?
捜索に行くのが当たり前とか思ってないかな?
命がけで代わりに行ってくれるんですから、相応の感謝の気持ちは持っているよね?
ご遺体の状態によっては、捜索者の精神にそれなりの影響を与えるんですから、捜索隊への感謝の気持ちはしっかりと持っていたい


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150729-00000005-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック