2015年07月27日

普通にビーンボール対象でしょhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150727-00000005-jct-soci

Yahoo:「高校野球の「ヌンチャク」パフォーマンスに賛否両論 専門家も「あながち悪いとは言えない」と指摘

夏の全国高校野球・埼玉大会で県立滑川総合高校の代打、馬場優治選手(3年)が見せたバット回しパフォーマンスが、賛否両論の議論を巻き起こしている。「真面目にやれ」といった批判は多く、県高校野球連盟(高野連)はモラルやマナーに反するといった理由で同校を注意するという報道も出ている。

ダル、「混血、二世」罵倒され激怒

 一方で、「魅せる」「楽しい時間をありがとう」と評価する向きもある。パフォーマンスは審判に注意されておらず、専門家はこれを理由に「強ち悪いとは言えない」と指摘する。

■海外では「ninjahitter(ニンジャヒッター)」の名で話題

 馬場選手は2015年7月23日に行われた「滑川総合対埼玉栄」の試合で代打として登場。打席に入ると、バットを体の周りでヌンチャクのようにグルグル回したり、上に投げてキャッチしたりするなどの動きを見せた。残念ながらこの打席凡退した馬場選手だが、審判からは特に注意されなかった。ちなみに、試合自体は2-3で滑川総合の敗戦に終わっている。

 試合後、この模様を撮影していた観客がYouTubeに動画を投稿すると、馬場選手は「ヌンチャク代打」などとネットで話題になる。動画は27日17時半現在すでに840万回以上再生された。

 さらに、大リーグ、レンジャーズのダルビッシュ有投手が同日のツイッターで、動画を転載したツイートに「どこの高校の誰か気になる(笑)」と触れたためか、「ninjahitter(ニンジャヒッター)」といった名で海外にも広まった。時を追ってFOXやCBSといった米主要メディア、MLB公式サイトも動画を紹介。大リーグ、タイガースのジャスティン・バーランダー投手もツイッターで「今まで見た中で最も面白いものの1つだ!」とつぶやくなど、「ヌンチャク代打」に対する海外の反応は概ね好意的と言えそうだ。

 一方、日本人の心境は複雑なようだ。YouTubeにある動画ページのコメント欄には、

  「楽しい時間をありがとう」
  「魅せるプレイヤー」

といった賞賛の声だけでなく

  「野球舐めすぎ」
  「真面目にやれよ」
  「真剣勝負ですることか」

といった厳しい批判も見られる。また、24日付け東京スポーツ電子版などの報道によると埼玉県高野連もモラルやマナーに反するとして滑川総合に注意する決定を下したという。

 しかし、これをさらに批判する動きも起こっている。県高野連の判断が報じられた24日、東京都教育委員で評論家の乙武洋匡さんが「埼玉県高野連の狭量にあきれるわ」とツイートした。

「高校野球は神聖なもの、という思い込みがある」

 報道が事実であれば、なぜ注意する必要があるのか。埼玉県高野連に取材したところ、「担当者が一日中いない」とのことで話を聞けなかった。

 では、専門家は「ヌンチャク代打」をどう見るのか。スポーツジャーナリストの菅谷齊さんは「審判が選手に注意をしていないので、強ち悪いとも言えません」と語る。審判が注意をしなかった理由を「行為自体が相手チームを侮辱している、となれば話は別ですが、打つ前の準備と認めていたということでしょう」と分析した。

 そして「こうしたパフォーマンスにどう対処するか、高野連は次回の課題にするのではないでしょうか。今大会でこれに関し何らかの通達が出される可能性もあります」と予測する。

 「ヌンチャク代打」に多くの批判が寄せられた背景については「高校野球は神聖なもの、という思い込みがあるのではないでしょうか」と指摘した。


神聖かどうかではなく、クソ暑い中守備をしているチームに対して失礼では無いかと思うのです
無駄な時間を使い、最悪キャッチャーとかにバットが当たる可能性とかを考えたら注意は妥当
むしろそのとき何も言わなかった審判がクソ
それだけのこと

野球をやっているのであって、くだらない見世物を見に行っているわけでは無いですからねぇ
ルールに無くとも無駄な時間を使ったということで遅延行為で注意できれば良いのにね!



ホント乙武って他人への気遣いが全く出来ない阿呆だな
てめーにはきづかえって五月蠅いくせに(笑)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150727-00000005-jct-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック