2015年07月21日

支那と朝鮮が存在する限り日本に平和はあり得ないhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150721-00050063-yom-pol

Yahoo:「中国の海洋進出「高圧的」…防衛白書で危機感

政府は21日午前の閣議で、2015年版「防衛白書」を了承した。

 軍備増強と海洋進出を続ける中国が「自らの一方的な主張を妥協なく実現しようとする姿勢を示している」との認識を新たに盛り込み、東・南シナ海での活動拡大に強い危機感を表明している。

 白書は、中国の積極的な海洋進出を「高圧的」と批判するとともに、今後も拡大の可能性があると警告した。東シナ海では、沖縄県・尖閣諸島周辺の中国公船による領海侵入がルーチン化(常態化)しているとの分析を初めて示した。

 中国が日中中間線付近で進めている新たなガス田開発問題については、「新たな海洋プラットホームの建設が確認されており、わが国から繰り返し抗議し、中止を求めている」と明記した。南シナ海については、「スプラトリー(南沙)諸島の七つの岩礁で急速かつ大規模な埋め立てを強行し、一部では滑走路や港湾を含むインフラ整備を推進している」などと詳述した上で、「周辺諸国との摩擦が表面化し、国際社会から懸念が示されている」と指摘した。


神が天地創造した時のこと。

神「日本という国を作ろう。世界一すばらしい気候と風景、食べ物を与え、そこに世界一勤勉で礼儀正しい人々を住ませよう」

側近「神様、それでは日本という国があまりにも恵まれすぎています」

神「安心しろ。隣に韓国と中国という国を用意しておく」


このジョークになってないジョークの通りですよね
隣国に恵まれないばかりに、いつまでも日本は不幸です


安保法制に関して、アジアのいくつかの国は賛意を示しているといいます
支那などの横暴に困っている国々がお互いに助け合いましょうということのどこに危険性があるのかさっぱりわかりません

ウルトラマンが実際にいるわけも無く、自国に降りかかり火の粉を振り払うのには自らが出て行くしか無いでしょうに

外交の力で何とかしろという人もいますが、それなりの武力があってこそ交渉も成り立つわけで
力の差がはっきりしているなら、舐められるのはもちろん問答無用でやられるだけです
のび太だけならジャイアンは躊躇しませんけど、ドラえもんという力の存在があれば、ジャイアンは力の行使をためらうことになるわけですよ。仕返しを受けるわけですから
力関係なんてそんなものでしょ?

良くも悪くも逆らわない子供がいつまでもいじめの対象になり
教師なり、親友なりがいれば、何とかなるでしょうけど
いじめっ子は、そういう親友の切り崩しをして、いじめの対象を絞り込んでいくわけでしょ?

親友同士で助け合うのが集団的自衛権じゃないのかな?

さすがにいつまでも教師は助けてくれないから、友達をたくさん作っておいた方が身を守るのには最適なわけです

フィリピンはこともあろうに教師(あめりか)を追い出した結果、南沙諸島(スプラトリー諸島)をジャイアン支那に奪われました
そういうことです
沖縄はそれの一歩手前ですよ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150721-00050063-yom-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック