2015年07月11日

違憲かどうかより、国を守るために必要かどうかの観点は無いのかなぁhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150711-00000007-asahi-pol

Yahoo:「安保法案「違憲」104人、「合憲」2人 憲法学者ら

安全保障関連法案の合憲性をめぐり、朝日新聞は憲法学者ら209人にアンケートをした。回答した122人のうち「憲法違反」と答えた人は104人、「憲法違反の可能性がある」は15人。「憲法違反にはあたらない」は2人だった。

 調査は先月下旬、判例集「憲法判例百選」(有斐閣、2013年発行)を執筆した210人のうち故人1人を除いてメールなどで実施。一部無回答を含め122人(実名85人、匿名希望37人)が回答した。法案と憲法との整合性を問う質問は四つの回答から選ぶ選択式で、「憲法違反にはあたらない可能性がある」は0人、回答なしが1人だった。

 違憲か違憲の可能性があると答えた計119人は「集団的自衛権の容認は、解釈の限界を超える」「憲法は武力行使を政策的に判断する権限を政府に与えていない」などを理由に挙げた。一方、合憲と答えた2人は「国家を守るために必要な範囲に限定されている」「従来解釈と論理的整合性が欠如しているだけでは憲法違反の理由にならない」とした。

 法案に先立ち、安倍内閣は昨年7月、集団的自衛権の行使を可能にする閣議決定をした。この妥当性について尋ねたところ、回答した116人が「妥当でない」とした。「都合のよい憲法解釈は法的安定性を失う」といった批判があった。法案が合憲と答えた2人を含む6人は無回答だった。

 政府は集団的自衛権行使容認の根拠として1959年の砂川事件の最高裁判決を挙げている。この判決が集団的自衛権行使を「認めていない」と答えた人は95人で、「認めている」は1人。「判決は判断していない」などとして「その他」を選んだ人が24人、無回答が2人だった。

 自衛隊については「憲法違反」が50人、「憲法違反の可能性がある」が27人の一方で、「憲法違反にはあたらない」は28人、「憲法違反にあたらない可能性がある」は13人だった。憲法9条改正が「必要ない」は99人、「必要がある」は6人だった。

 憲法判例百選は重要判例の概要を紹介し、意義を解説する専門書。13年発行の第6版はI、II巻合わせて210人が執筆した。衆院特別委員会で法案の合憲派として菅義偉官房長官が名前を挙げた3人は執筆していない。

 法案をめぐっては、衆院憲法審査会に参考人招致された憲法学者3人が憲法違反と発言するなど法的正当性に疑問の声が出ている。


違憲で駄目になるなら、結局のところ自衛隊なんてとうの昔に存在できなくなっていたわけで
時代の趨勢とともに判断の仕方が代わり、存在しうるものになっていくと思いますよ

ベトナムやらフィリピンやらが支那の侵略に困っているのに見て見ぬふりをしてしまうのは、どうなのかなって思いますし
憲法が結局平和に貢献していないことになるんじゃないのかな?

学者だから日本国憲法を金科玉条よろしく守らなければいけないと思うのはしょうがないにしても
国防のあり方という点から政治家の判断も重要でしょうって思います
やはり憲法を変えていく流れにしなければあかんね
憲法守って国を失うなんて阿呆な事にならないようにすることは大事

国>憲法ですし


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150711-00000007-asahi-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 22:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック