2015年07月07日

国境に住んでいる現実が見えないのか?名護市長には??http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150706-00000082-jij-pol

Yahoo:「「憲法違反」「抑止力強化」=衆院委、沖縄で参考人質疑―安保法案

安全保障関連法案を審議する衆院平和安全法制特別委員会は6日、那覇市内で参考人質疑を行った。沖縄県名護市の稲嶺進市長は同法案について「憲法9条に違反し、平和主義を根底から覆すものだ」と撤回を要求。一方、中国が領有権を主張する尖閣諸島を抱える同県石垣市の中山義隆市長は「抑止力が強化される。大変心強い」と安保法制整備を支持した。
 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対して政府批判を強める稲嶺氏は、法案に関し「成立すれば他国の戦争に巻き込まれ、米軍基地が集中する沖縄が標的にされる可能性が大だ。またしても沖縄は捨て石にされる」と懸念を表明。大田昌秀元同県知事も移設計画を取り上げ、「沖縄戦をもう一度繰り返すことになる」と述べたが、法案の是非には踏み込まなかった。
 与党推薦で出席した中山氏は「法案について国民の理解が深まっているとは思っていない」とも指摘し、「今国会で慎重な議論がなされ、成立することを求める」と注文。古謝景春南城市長も、法案が規定する集団的自衛権行使に関し「日本の自衛のための行為のみで、憲法解釈の範囲内だ」と理解を示し、「拡大解釈されないよう国会での十分な審議、成立をお願いしたい」と求めた。
 琉球新報の高嶺朝一前社長は、自民党若手議員が法案に批判的なメディアを威圧する発言を行ったことを非難。「国防のためなら憲法で保障された国民の権利はどうでもいいという風潮が政権や一部政治家にあり、それを容認する世論が形成されつつあるのは怖いことだ」と語った。
 特別委はさいたま市でも参考人質疑を行った。埼玉弁護士会の石河秀夫会長(野党推薦)は「明白に憲法に違反している法案で、直ちに廃案にすべきだ。仮に強行採決することは立憲主義を破壊するもので断じて許されない」と強調。細谷雄一慶大教授(与党推薦)は法案を支持しつつ、「自衛隊、自衛官のリスクが増える可能性がある。極めて重要な問題だから通常の法案とは違った緊張感を持って議論しなければならない」と述べた。 


名護市長とか馬鹿ですかね?
明き盲?

支那という現実の脅威が迫っているのに、防備のための法を要らないとかアホか馬鹿かと

そして憲法に違反しているから駄目とか
国防<憲法なんでしょうか?

憲法を守って国が無くなったら目も当てられないでしょうが?

支那に侵略されたらどうなるか?そういうことを真剣に考えるべきでは無いですか?

シナに侵略されたい連中は憲法がーとか、安保が〜とか、お題目を唱えていれば良いのでしょうが
国が無ければ、そういうこともしていられなくなるという現実を直視した方が良いですね!

その点同じ国境エリアでも、石垣市長はしっかり見るべきものを見てますよね
石垣市長の爪の垢を煎じて飲むべきだ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150706-00000082-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック